スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴーヤの種を採りました
今年初めてゴーヤを育てました。
種まきが6月末と遅かったことと、私が住んでいる地域は8月に入った途端に雨や曇りの日が多くなってしまい、日照時間&温度(?)が不足気味だったこともあってゴーヤの成長もゆっくりでした。そして8月後半にようやく実を収穫出来るまでになりました。
が、それも束の間・・・今日の収穫で最後。

もうあんまり大きくならないみたいです。
というのも、「もう少し大きくなってから収穫しよう」と思っていたゴーヤが、大きくなったと同時に黄色く熟し始めてしまったんです。

こんなふうに・・・(^^;。
これは熟した状態だそうで、食べられないわけではないけれど、実が柔らかくなってきているので少し固めの食感が好きな私は残念ながら食べることは諦めて、来年用の種を採ることにしました。
黄色い状態をしばらく放っておくと、ゴーヤの横っ腹がパカッと裂けて・・・赤い種が見えてきます。裂け目が大きくなってくると、真っ赤なドロドロの皮(?)に包まれた種が土の上に落ちてきました。

それを拾って軽く水洗い。

(この時点ですでに赤い皮が剥けているものもありますが)軽く指でこすって皮部分を取り除くと・・・

種まきした時に見たゴーヤの種と同じものが出てきました!!
なんだか、可愛い~(^^)。

自家製ゴーヤを食べるのも嬉しかったけれど、こんなふうに種を採るのも、また嬉しいものですね。
黄色くなりかけたゴーヤがあと4つほどぶら下がっているので、この2倍は種が採れる予定。
これで来年のゴーヤ栽培も安泰かな!?

ちなみに、収穫した種は、このあと、しっかり乾燥させてから紙の袋などに入れて冷蔵庫で保存すれば3~4年はOKだそうです。



スポンサーサイト
発育良好♪♪
ただいま周囲では密かな家庭菜園ブーム。
私も毎年細々と”何か”は植えていて、今年も春先に青じそとペパーミントとカモミールの種を蒔いて成長を楽しみにしていたところ、どうも時期が早すぎたみたいで芽が出た直後に霜にやられてしまって全滅
そこで4月に母が来た時に心機一転、プチトマトと茄子とラベンダーの苗を植えてもらったので『今年はこれだけでもいいやぁ』と満足していたところに、友人たちから色んな種や苗をわけてもらうことができてとーっても賑やかなベランダ・ガーデニングになっています(^^)。

しかも! 全滅したと思っていた青じそとペパーミントとカモミールもまだ発芽していなかったものがニョキニョキと芽を出しちゃって・・・それらを植えていたポットにそのまま他の苗を植えたものだから、ラベンダーのポットにカモミールも育っていたり、スナップエンドウの苗を植えたポットからペパーミントが生えてきたり・・・とグチャグチャな寄せ植え(???)になっています。アリャリャ

菜園(7/8/09)-1

菜園(7/8/09)-2

菜園(7/8/09)-3

我が家のベランダで成長中の植物は・・・プチトマト(写真:上)、黄トマト、スナップエンドウ、茄子、水菜、オクラ(写真:下)、青じそ、バジル(写真:中)、オレガノ、ラベンダー、カモミールとペパーミントの計12種類。
もう少しでオクラも収穫できそうだし、今のところ全て順調に育ってます(^^)v。
収穫が楽しみだ?

07/08. 08:30 [ 土いじり ] . . TOP ▲
これは何でしょうか?
シカゴから帰って来て、はや一週間。
ボーッと暮らしている間に8月も下旬になってしまいました・・・。


さて、今年のベランダでの土いじり、色んな種を蒔いたのに成長しているのは朝顔一株、シソ一株のみ
例年ならベランダに置いている”なんちゃってコンポスト”に春頃には黒々とした栄養たっぷりの土ができるのに今年はクズ野菜も分解し切れていないくらいの失敗作でした。それでもメゲズに(?)種蒔きをした結果、とっても寂しいベランダになっちゃいました。
そして、その朝顔も昨年とは1ヶ月ほど成長が遅くて、やっと蕾が膨らみかけてきたところ。やっぱり栄養不足だったんだろうなぁ・・・ゴメンネ?。
朝顔(8/21/07)

でもシソは立派に成長中。香りがとってもいいんですよ?♪
シソ(8/21/07)

で、ここからが今日の本題!!

青じそ
友達から青じそをもらいました。
青じそ
昨年植えた青じそから勝手に種が落ちて今年も立派に育っているということ♪
最近、コッテリ&シッカリ系の食事が続いているので、今日は青じそを使ってアッサリ味の何かを作ってみようと思ってます。
冷や奴とか。お素麺とか。 ← 料理じゃないって?

・・・

そういえば、数ヶ月前に彼女から昨年収穫した(?)青じその種をいただいたような?
そして、私も春頃に種蒔きしたような??

ハートマーク♪
初夏からずっと目を楽しませてくれたベランダの花もそろそろ終わり。
多い日で一日10輪ほどの花を咲かせてくれていた4株の朝顔も今日の開花はゼロ。
葉っぱも落ち始めていて、夏の間ベランダに涼をもたらしてくれた緑のカーテンも隙間だらけになって寂しくなってきています。

そんな中、カサカサに乾燥しているように見えるフウセンカズラの風船を収穫(って言うのかしら・・・?)しました。
フウセンカズラの種
ふむふむ、風船の中はこんなふうに三部屋に分かれているのね。
わぁ??!!!
種にはちゃんとハートマークが入ってる?。
この種の模様を『お猿さんの顔』とも呼ぶようですが、とっても愛嬌があって可愛い♪
NOVAさんから種を頂いたときは『フウセンカズラってどんな植物だったっけ??』と悩むほど食べられない植物から遠いところにいた私も、この数ヶ月で種にまで愛情を持つまでに成長しました!?

来年もインディアナでフウセンカズラを咲かせますからね?、NOVAさん(^^)。


見?つけたっ♪
先日来私にとっての大きな悩みとなっていた朝顔の種(記事:朝顔の種はどこに?)。
なんと、こんなに目立つところに立派な膨らみがあるじゃありませんかぁ!!
数日前にはこんな膨らみなんてなかったのに?。もしかして見落としてただけ??
朝顔(8/21/06)-1

朝顔(8/21/06)-2
花が落ちた後のガクの部分がプクッと丸みを帯びてきている、この中に黒くて小さな朝顔の種が隠れているはずです!

何となくだけど古い記憶が甦ってきました・・・。今はまだ青々としたこの部分も、夏が終わると茶色く乾燥してきてポッカリと口を開けるんじゃなかったでしたっけ?
多分、そんな感じの時に来年用の種を取っておけばいいんですよね。

わ?い♪ これで来年も朝顔が楽しめるぞ??(^^)。



朝顔の種はどこに?
フウセンカズラと朝顔
フウセンカズラと全長2mはありそうな朝顔が複雑に絡み合って、我が家のベランダにほどよい日陰を作ってくれるようになりました。
朝顔は日々数輪ずつ花を咲かせ、咲き終わった花は枯れて落ちていきます。

その花びらの落ちた朝顔を見ていて素朴な疑問発生!!
『秋になったら来年用に種を取っておこう』と思っているのだけれど、朝顔の種ってどこにあるんですか??
多分、花が枯れて落ちたあとのガクの部分にできるんですよね?
まだ何の兆候も見られなくてちょっと不安。というか、ガクの部分を凝視しても膨らみさえ見つけられないんですけど?。
ここじゃなかったっけ???
種もこれから徐々に大きく、目立つようになっていくのかな?

子どもの頃には当然、知っていたはずのことも長?い歳月とともにスッカリ忘れてしまっています・・・あぁ、情けないっ。
亀の甲より年の功と申しますが、どうもこの格言は私には当てはまらないらしい(^^;;。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。