スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪の日はクラフト日和!?
オーランドに発った日(21日)にインディアナ地方は今年初に近いまとまった雪が降りました。が、飛行機は問題なく出発。そして、オーランドから帰った翌日にはまた雪・・・。と、今年は久々に雪のクリスマスだったわけですが、今日も夜中から雪が降って、朝起きたら、すごいことになっていました。
CIMG4569.jpg
パティオのテーブル、フェンスの上に雪が20cm近く積もってました(^^;。

こんな日は外出もできないので、家でゴソゴソとクラフト日和〜♪
最近とっても出番が多いSizzix Big Kickを引っ張りだして、フェルトでお花作りしてます。
CIMG4568.jpg

パーツを作って・・・。
CIMG4565.jpg

組み合わせて・・・。
CIMG4566.jpg

貼付けて・・・できあがり。
CIMG4567.jpg

大量生産中です。

このお花、こんな感じにカードに使おうかな。
CIMG4572.jpg
フェルトの花は試しに乗せているだけです・・・。


スポンサーサイト
ムスコの掛け布団カバー♪
そろそろ朝夕は涼しくなってきました。夏の間はタオルケットで十分だった寝具もそろそろ秋冬仕様のものが欲しくなります。
今年の夏前には日本へ帰国した友人から譲ってもらった子ども用ベッドに一人で寝られるようになったムスコ(大人のベッドの横にくっ付けていますが(^^;)。
タオルケットだけでは寒くなってしまう前に、以前から使っている彼の掛け布団用のカバーを作ってみました。

実は先日、私に付き合ってJoannへ行くことになってしまったオットとムスコ。私がウロウロとクラフトアイテムを物色している間に、布コーナーでこの布を見つけていました。

そして「欲しい」と。
お弁当袋のような小物を何か作ろうかな?と、1ヤード分だけ買ってきたんです。
それが、いつものごとく、計画性もなく突然思い立って布団カバーを作ることにした私・・・。
当然のことながら、布団カバーを作るには全く布が足りません(^^;。
もちろん、買い足しにいけばいいだけの話なんだけど、ムスコが学校に行っている間に仕上げてしまいたかったので、家にある布を合わせることにしました。
それで出来上がったのが、コチラ(↓)。

ムスコが大好きなCars柄の布団カバーです。
裏側(内側?)はパッチワーク柄。

家にある布の中で、唯一、1ヤード強の大きさだったので、他に選択の余地は無し(^^;。
苦肉の作とはいえ、表地の色合いと全く合っていないというわけでもなく、というか、結構、合ってるかも??

このカバー、作り方はもう直線縫いのみ!の簡単仕上げ。メジャーも使わず、布の上に布団を置いてみて適当に待ち針を打ち、ミシンで3辺をガーッと縫い合わせ、最後の一辺はアイロンでしっかり三つ折りにしてから巨大な輪っか状になったところをガーッとミシンがけ。
布団の出し入れがし易いようにこの最後の一辺は5個のスナップを付けているだけです(コレに合うサイズのファスナーがなかっただけなんですが・・・)。

↑ スナップが付いているのがわかり易いように、布をふんわりさせてみました。

これで完成です。ん~、飾りっ気もなにもないけれど、布団カバーってそんなもんですよね?
ムスコのベッドに置いておきました。気に入ってくれるといいなぁ。枕はあんぱんまん(^^;。

ベッドヘッドの棚には・・・

写真に入り切らなかった一番左側の棚にはアンパンマンとバイキンマンが座っています。
ベッドルームがどんどん賑やかになる~~~っ。いつになったら子供部屋に移動させられるんだろう・・・。

ちなみに、このカバーの中に入っているのは、出産祝いにハワイ在住の友人が送ってくれたハワイアンな柄の鮮やかなキルティング入りの掛け布団。

この柄を隠してしまって申し訳ない・・・。




Just Fit!! 空き箱をスタンプケースに。
可憐さに魅せられて買ったのはいいけれど、出し入れがちょっとばかり面倒なマーサ・スチュワートのScandinavian Wooden Stamp Set。

一つだけ使いたい柄があっても、全てを容器から出さなければいけないし、片付けるときには底敷きの紙の上にスタンプを全て乗せてから、プラスチックの容器に横から滑り込ませなければいけません。

ま、昨シーズンは面倒とは思いながらも、それほど大変な作業なわけではないので、そのまま使っていました。
そして、シーズンも終わり、現在は長いお休み中!?

そのお休みからそろそろ目覚めてもらおうか・・・と、久しぶりに引っ張りだしてみたら、ピンッ!!!と来ました。
これにピッタリの空き箱があったーーーーーっ!
これです、これ。

興奮のあまり、ピンぼけしてるけれど・・・モロゾフのバレンタイン仕様の赤い箱です!!
たしか、今年の春先に、実家からの仕送り便で送られてきた未開封のバレンタインチョコ。実家では誰も食べないんでしょう・・・アメリカまで回ってきたようです。
その空き箱を何気なく、取っておいた私。空き箱や包装紙、紙袋などを仕舞っている物置スペースにポンッと置いておいたのを思い出しました!

ピンッときたものの、実際に入るのかどうか実験です!

YES!! つい、大文字で興奮(^^;。
誂えたようにピッタリじゃないですか~。 ボダースタンプが一つ、移動を余儀なくされ、その上部が少し余ってますが・・・。
これで、使いたいスタンプが直ぐに取り出せるし、しまうのも簡単。
一件落着です♪♪

・・・と、今までの私ならココで終わりだったでしょう。これで十分に用をなしますからね。
が、この夏はちょっと小細工好きになっている私は、ひとヒネリ追加です。
よいしょっと。


箱のサイズに合わせてカットしたカードストックにスタンプして、それぞれが納まる場所を決めちゃいました。

こうしておけば、全部のスタンプを箱の外に出したときでも、その柄の上にスタンプを置けば、入るか入らないかパズルのように入れ替えをする必要もなくなります。

そして蓋にも中身が分かるように、クラフトペーパーにセット内のスタンプ(3種類)をスタンプして、mtの6mm幅マステ(赤xシルバー)で上下の端を飾った表紙を貼付けました。

分かり難いですが、ツリーはVersaMarkでスタンプしてクリア・エンボスパウダーを振りかけてヒートエンボスしています。

昨シーズンから気になっていたこのスタンプの収納、広さも深さもピッタリ合う箱と出会えて一挙に解決しました。
これで今シーズンのクリスマスカード作りが心置きなくスタートできそうです!?

ちなみに、必要ない情報だとは思いますが、この箱はモロゾフの『プレーンチョコレート NAZZ』84g(19個)のものです。



超簡単!! ビニタイ(ツイスト・タイ)をマステでワンランクアップ♪
今日は週に一度のクラフトデー。
友人宅で好きなクラフトを持ち寄って、お喋りしながら、おやつを食べながら・・・時には、ランチ会まで開催しつつ作業する日です。
今日はなんとなく、ゆる~い作業をしたい気分だったので、キッチンの引き出しの一角にたまっていた大量のビニタイ(ツイスト・タイ)とマステ数本を持参して、内職かの如く、マステdeビニタイと相成りました。

いまさら作り方をご紹介するまでもないほど、簡単だし、多くのブログでも見かけるビニタイxマステですが、これも一応、記録のために書いておきます。
食品用のナイロン袋やギフト用のセロバッグ、閉じひも付きでないゴミ袋・・・の口を留めるために同梱されているビニタイ(ツイスト・タイ)。

我が家ではあまり出番がなくて、でも、いつか使うこともあるかも?と、溜め込んでいます。
食品用の袋を使うときは口をクルッと結ぶか、輪ゴム、またはクリップを使うし、ゴミを捨てるときはこれまた袋の口を直接クルッと結びます。セロバッグにちょっとしたギフトを入れる時は細めのリボンで縛るか、マステでベタッと封をすることがほとんど。
ビニタイが溜まるわけです・・・(^^;。

この付属のビニタイって白かアルミがほとんどで、なんだか味気ないのも使わない理由の一つ。
そんなこんなで、やろう、やろう・・・と思いつつ、放置していたものを今日はまとめてやっつけることにしました!!!

では、作業開始。
だいたい、10本や20本が部分的にくっ付いているので一本ずつ、まっすぐにしておきます。
ここで針金部分だけを使うこともできるのだけど、私は面倒なので、羽(?)部分も一緒に使ってしまいます。

ビニタイより少し長めにカットしたマステの片側寄りにビニタイを置きます。

全体を軽く押さえて、一直線に整えたら、半分に折って・・・

あっという間に完成!!

元のマステの半分の幅になるので、クルックルッとツイストもし易いです。
家にあったビニタイはそれぞれのメーカーや種類によって微妙に色や長さ、幅は違ったけれど、同じ方法で全て問題なく出来ました~。
ほらっ!


作り過ぎた!?
使わなくて残っていたビニタイ、マステでカラフルにしたからって使うものでしょうか・・・?
自分で作っておきながら、用途未定です(^^;。

でも、単純作業が楽しかったので良し!ってことで。




丸型9枚で作る、簡単ペーパーフラワー♪
カードやスクラップブックのエンベリッシュメントに使えるロゼッタやお花って、時間がある時に大量生産しておくと便利ですよね~。

スコアリングボードを使って蛇腹を作っていくロゼッタは、特に有名。

0.25"毎にスコアリングした後の紙にエッジパンチして、センターにはマーサの【Button - Medium Double Punch】で作った紙のボタン(?)にBaker's twineを結んでいます。

作り方 : 【Edge-Punched Medallions】 by. marthastewart.com  カードなどに使う小さなメダリオンを作る場合はサイズ変更してくださいね。

コレに加えてもう一種類、テレビを見ながらでも簡単に作れるペーパーフラワーを現在、増産中です。
作り方は至って簡単。
使う紙は上記のメダリオンもコチラのペーパーフラワーも、以前のエントリー『スコアリングボードで封筒作り』に登場した、MichaelsのPaper Pad(コピーペーパー程度の厚みの紙)。しかも、封筒作りで出た端切れ利用(^^;。
その中から2種類を張り合せて使います。もちろん、最初から表裏別柄(別色)のPPでOK。

こうすると薄い紙もシッカリするし、端切れ活用もできるし、一石二鳥!?
紙が準備できたら、パンチ(今回は【Scalloped Circle Punch】使用)を使って、丸型を9枚用意します。

このうち1枚はベースにするために8等分の折り目を付けておきます。
残りの8枚が花びらになるんだけど、これは角がだいたい45度になるように三つ折りします。
三つ折りのピースが8つ出来たら、あとはベースの丸に貼付けて、センターにお好みの飾りを付ければ完成です。

ベースを8等分に折る・・・とか、角が45度とか・・・、貼付けたものの裏側を見ていただければ一目瞭然かな?



単色のカードストックで作ると、後ろのような感じになります。単色でもセンターピースを大きめにしたりすると、華やかになりそう。

丸形の大きさを変えれば大きい花でも、小さい花でも自由自在に作れます。柄違い、大きさ違いで何個か並べて花束みたいに使っても可愛いでしょうね。
お試しを♪♪

ちなみに、この作り方は以前、Youtubeで知ったんですが、その動画を探し出せませんでした。見つけたらまたリンクしますね(^^;。
他にも紙で簡単に作れるお花のエンベリッシュメントは何種類か作っているので、またの機会に・・・。



廃油で虫除けキャンドル♪
毎年、夏には廃油を使って虫除けキャンドルを作ります。
今日はちょうど天ぷらを揚げたあとの油が出たので、今夏初のキャンドルを約350mlの廃油で作りました。

伝統的なキャンドル作りとは似ても似つかない邪道なものなのだけれど、廃油処理剤”固める・・・”を利用する方法であっという間に廃油がキャンドルになります!

まずは空き瓶にキャンドルの芯(市販品)をセット。

そこに私は着色用のクレヨン(息子のお道具箱から拝借)を削った粉を適量入れておきます。
そして、80度以上に温めておいた油に”固める・・・”を一包入れて、よくかき混ぜ溶かしたものをゆっくり流し込みます。
少しクルクルかき混ぜると、油の熱でクレヨンが溶けて廃油の色が少し変わってきます。

クレヨンは適当に削った数色を、適当に混ぜ合わせたので、一体、どんな色になるかは固まってからのお楽しみ!?

これだけだと単なる廃油キャンドル。
これを虫除けキャンドルに変身させるのが、コチラ(↓)。

3種類のエッセンシャルオイルを使ったので3つとも写ってますが、虫除け効果があるのは真ん中のシトロネラ。
昆虫が嫌いな香りらしく、特に蚊に対しては非常に効果的。精製水にシトロネラ精油を適量落としたものをスプレーボトルに入れれば、手軽に虫除けスプレーも作れちゃいます♪
でも、実はこの香り、ネコも苦手なんだとか・・・ごめんよ~、アーちゃん。

エッセンシャル・オイルを加えて、しばらく放置しておくと冷えて固まってきます。芯は適当な長さにカットしておきます。

液体だった時と色が変わって、イエローとピンクとグリーンらしき色に。でも、クレヨンが少なかったかな? 廃油の茶色がまだ残って、くすんだ色になってしまいました(^^;。

ま、ちゃんとキャンドルに火も灯ったし、無事に完成です!

これで今年の夏の虫除け対策もOK(か?????)。



ペーパーナプキンで空き缶をコラージュ!
セルヴィエッテン用に買っていたペーパーナプキンで、今度は空き缶コラージュしてみました。
使ったペーパーナプキンはコチラ(↓)。

これを使ってセルヴィエッテンの手法で作ったカードの一枚がコレ(↓)。

*カードを作った時の記事は『初挑戦! ペーパーナプキンでカード作り』をご覧くださいね。

このペーパーナプキンをMod Podge(詳しくはコチラを。)というクラフト用のり兼つや出し剤兼防水加工液のようなドロドロの液体で空き缶に貼付けます。乾いたら更にペーパーナプキンの上から光沢&防水のためにもう一塗りして、あとはしっかり乾かせば完成です。

ブログに載せるつもりがなかったので、コラージュ前の空き缶の写真がないのですが、アメリカではどこのスーパーでも売られている34.5oz(約1kg)入りのコーヒーの空き缶を利用しました。
缶の直径が約15cm、高さも15cmと、大きな缶です!

2年ほど前に友人宅から切り分けてもらって、育て始めたポトス。大きく育ってくれているので土を入れ替えるついでに、植木鉢もお引っ越しさせました。



私の雑さが・・・(^^;。シワになった部分もありますが、気にせずに~。

カードにした時には鮮やかな柄が出たのだけれど、空き缶へのコラージュだと空き缶のアルミ色(??)が強く浮き出るようでペーパーナプキンの柄が薄くなって、少しぼやけた感じになってしまったけれど、ポトスの緑が際立つようで、これはこれでOKかな。
あとは、植え替えたポトスがしっかり定着してくれればプロジェクト完了です・・・これが一番の難関だったりして(^^;。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。