スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古書堂と古本屋
今年5月の一時帰国中に立ち寄った書店で、帯の『本屋大賞・・・』とかいう文句に乗せられて深い思いもなく購入した本がコチラ。
ビブリア
表紙をみると、一見、マンガのようだけれど、普通にゆる〜いミステリー小説。
軽く読み流せる書き味ながら、魅力的な登場人物と登場書籍(?)、私には未知の領域である古書の世界を覗かせてくれる、お気に入りとなりました。
10月の帰国時にも新たな一冊を見つけ、この本、現在3巻まで読みました。年明けには4巻も出るとか。
このブログを書くためにネットを見ていたら、なんと、1月からのフジテレビ月9でドラマ化されて登場するとの記事を発見!! 公式サイトはコチラ()。
原作ファンにとっては、映像化されるとガッカリ…というモノも多々あるので、今回も余り期待はせずに、でも楽しみに待つことにします。


さて、『ビブリア古書堂』を読んだから…というわけではなく、一昨日、ひょんなことから辿り着いた一つのブログ『シアトル古本屋家業』さん。
リンクの了解も得ず、勝手にご紹介させていただきますが、ブログタイトル通り、シアトルで古本屋さんを営んでいらっしゃる沖縄県宮古島出身の女性が書かれているブログです。
現在から遡って、2009年3月24日(息子が生まれる3日前!)の初投稿分まで一気に読んじゃいました。
ブログの内容は、決して流行っているとは言えない家業の古本屋『NEWBERRY BOOKS』のこと、フルタイムで勤めていらっしゃる大学図書館のこと、古本業界のこと、シアトルのこと、ご本人とご家族のこと、お料理のこと、ご出身地の宮古島のこと、などなど多岐に渡っています。
何よりもブログ主のRitsukoさんの前向きな姿勢、簡潔で読み易い文章と豊かな人脈、波瀾万丈な内容に引き込まれました。
昨日今日、その存在を知った私が言うのも何なんですが、シアトルのパイオニア・スクエアにあった実店舗が2ヶ月前に閉じられてしまったのはまことに残念。
古書には全く造詣のない私ですが、土曜日に店番をするRitsukoさんを、お団子でも持って訪ねてみたかった〜。
ブログ内で時折ご紹介下さる本や映画も興味深く、今後の更新も楽しみです!

単純な私は、ビブリア…とRitsukoさんのブログに影響を受けて、古本屋さんに行ってみたくなっています。
一度は手放したものの、もう一度手許に置いておきたい本が一冊あるので、日本に帰ったら古本屋さん巡りしてみようかな。
ま、Amazonのマーケットプレイスで1円で売ってるのは確認済みなんだけどね(^_^;)。


いつにも増してまとまりの無いエントリーになってしまった気がしてますが、本の虫で鋭い書評をお聞かせくださるMさん、大学図書館勤務もされていたNさん、宮古島出身でビブリアを気に入ってくださっているKさん、シアトルにほど近いT市にお住まいのSさん、そして拙ブログをご覧くださっているみなさんも機会があれば、ビブリア、、、とRitsukoさんのブログ、ご覧になってみてくださいね。
古書、古書店に触れてみたくなるかも〜。



スポンサーサイト
You're my sunshine
アズキ(4/14/2008)
*写真は本文とは一切関係のない今日のアズキです。

私、先週末に3x回目の誕生日を迎えてしまいました。
4月上旬にGC取得と誕生祝いを兼ねた”リゾート&スパ&カジノ・ホテル一泊二日強行軍の旅 - ディナー付き”で散財したあとなので、誕生日当日はシカゴで地味に過ごして来ました。
ま、私にとってはミツワ・マーケットプレイスで三省堂書店に行けることが最大級のプレゼントなんですけどね?♪

今回のシカゴでは食べ物ネタがイマイチなので、三省堂で買ったもの中から二つをご紹介します。
お付き合い下さいませ☆


懐メロ♪
アメリカ在住の皆さんは日本のCDとか買いたい時にはどうされてるんでしょう?
iTune Storeのような音楽ダウンロードサイトを利用されている方も多いんでしょうね。
機械オンチ&近頃のテクに全く付いていけていない我が家はiPodさえ持っていないし携帯メールもサービスにすら入ってない有り様。ましてやダウンロードでアルバムを買うなんてことは・・・夢のまた夢(^^;;。
その前に、流行りの歌手も音楽も知りませんけどね

そんな我が家が先日、シカゴのミツワ内にある三省堂書店で買ったものの一つがコレ(↓)。

VOCALIST3VOCALIST3
(2007/08/15)
徳永英明

商品詳細を見る


【VOCALIST】が発売された頃から「欲しいね?」なんて言ってたCDがすでに第三弾まで出てるなんて!
どんだけ疎いねん、自分???。

ま、その点は私の勉強不足だから仕方ないんだけど、見つけたからには買わなくちゃ! (注:とりたてて徳永英明ファンなわけじゃありません・・・)

でね、これ、思いっきりツボにハマりました!!!
ご存知の通り、このアルバムは女性アーティストの曲をカバーして彼が歌っているもの。
第三弾には結構、最近の曲も入っているのだけれど、もう懐かしくって(^^)。
私と同世代、もしくは少し上の世代の方々の青春時代(?)に流行った歌がズラリ。
いまでもカラオケで歌い継がれているような名曲のオンパレードです!

はい・・・シカゴからの車中でM氏ともども懐かしい気分に浸ったのは言う間でもありません。
同世代の皆さま、オススメですよ?♪

第九=真澄ちゃん!?
気がつけば10月も一週目が終わり・・・そして私は相変わらず”食欲の秋”満喫中。
しかし今日のところは食べ物ネタは一休みして、10日ぶりのブログ更新に相応しく(?)”芸術の秋”な話題を。

金曜日の夜、5月のマーラー以来約5ヶ月ぶりにISO(インディアナポリス交響楽団)の演奏を聴きに行ってきました。

■Beethoven's Ninth  Ode to Joy■
Mario Venzago, Conductor
Indianapolis Symphonic Choir, Chorus

 ・ドビュッシー : Berceuse heroique (英雄的な子守歌)
 ・ラヴェル : Daphnis et Chloe, Suite No. 2 (ダフニスとクロエの第二組曲)
 ・ベートーヴェン : Symphony No. 9 (交響曲第九番)



ISO(10/5/2007)

今回のコンサートのお目当てはベートーヴェンの交響曲第九番(Sinfonie Nr. 9 d-Moll op. 125)。
第九と言えば日本では12月になると必ず耳にする『歓喜の歌』が超有名ですよね。
もちろん私もこのコーラス付きの第4楽章が楽しみだったのには違いないのだけれど、その前に忘れてはならないのが第1楽章の初っぱな部分! ←ココでピンと来たあなたはのだめ好きですね?

TOTO @ Indianapolis
はじめに・・・今日のTOTOネタはサッカーくじでもウォシュレットでもありません。

皆さん、TOTO(ロックバンド?)ってご存知ですか??
   ●TOTOの公式サイト -- http://www.toto99.com/
彼らの代表作の一つ『Africa』はもう20年以上前のヒット曲。
サビの部分のコーラスやアフリカをイメージさせる打楽器(?)やキーボードの音を聴いているとセレンゲティの風景が目に浮かぶ・・・(行ったこともないけどね?)。
「一番好きな洋楽は?」と聞かれればこの曲を挙げていたんですが、白状するとこれを歌っているTOTOというグループについては全く知識ゼロ。
だいたい、今でも活動をしていることすら知らなくて、『TOTOのワールドツアーがインディアナにも来る』と聞いた時には、別物かと思ったくらいですから?。

そんな私とM氏が今夜、このライブを聴きに行ってきました。
TOTOのメンバーも中年ならば、お客さんも平均年齢47.5歳って感じ。
ビール片手に曲に合わせて身体を左右に揺らすくらいが精一杯で、若者たちのようにピョンピョン飛び跳ねたりしてる人は皆無。なかなか異様なノリのライブでした(^^;;。
私も約2時間半の立ちっぱなしライブで足腰が疲れた??。
それに私の中でのTOTOは『Africa』だけだったので、その他の激しいロックな曲を大音響で聴くのは正直辛かったです。持っているCDもバラード集だから・・・。

で、お目当ての『Africa』の演奏がないままライブ終了。
えっ!! と、一瞬M氏と顔を見合わせましたよ??。
これで終わられたら、何しに行ったんだか(^^;;。

しかしTOTO最大のヒット曲はやっぱりお客さん皆が待っていたようで、最後の最後、アンコールでしっかり聴かせてもらってきました!!! 
この曲をよく聴いていた高校?大学生の頃には、まさかTOTOと約5mの至近距離で生演奏が聴けるなんて考えたこともなかったことなのでメチャクチャ感動♪
ま、こんな人たちが歌っているとも思いもしませんでしたが(^^;;。決してビジュアル的にはイケテイル人たちではありません。
不整脈を起こしそうな大音量と、鼓膜が破れるかも?という危機感の中で最後まで耐えた甲斐があり、やっぱりいい曲でした?。
それにしても、ヒゲ仙人とマリオ二人+3名のTOTOにはかなりビックリでしたよ

皆さんにも感動のお裾分けを・・・要らないって?
↓↓ お時間があれば今春のアムステルダム公演での『Africa』をしばしご覧くださ?い ↓↓


『硫黄島からの手紙』
インディアナでも封切られた『LETTERS FROM IWO JIMA(硫黄島からの手紙)』を極寒の週末に観てきました。
Letters from Iwo jima

とってもよかったです!

何が?って・・・まるっきり日本で映画を観ているような日本語だらけなところが・・・
ホンの一部は英語もあるのだけれど、95%は日本語(英語字幕付き)。
コッチの映画を観ても100%英語を理解できてるわけではないので、微妙に消化不良を起こしてしまうんですが、今回はバッチリ。
それなのに、いつの間にか英語字幕を追ってしまう自分がいて、我ながら『何で英語読んでんだろ??』と自問自答したりして(^^;;。

日本語って英訳し切れていないニュアンスとか行間が多くて、その辺の日本兵の内面の葛藤とか観ていたアメリカ人にも分かってもらえたのかなぁと字幕を読みながら思ったりしました。
私が日本語以外で映画やテレビを見ていて、言ってることは分かったとして、その奥にある文化や歴史、宗教観、国民性なんてものが理解し切れないのと同じなんだろうなぁ。

ストーリーとはあまり関係ない部分だけれど、映画の冒頭で現れる硫黄島戦没者追悼の碑に『岸信介 揮毫』とありました。その瞬間、隣にいたM氏と顔を見合わせてしまった・・・。
『靖国であいましょう』と散っていった兵士たちのための追悼の碑に岸信介。安倍さんの靖国参拝が気になるところです。
この画像にはたしか英訳はついていなかったと思うのだけれど、製作者側に何らかの意図があるのでは?と、穿った見方をしてしまいました・・・。


そうそう、大事なコトを書き忘れるところでした! 
戦闘、手榴弾での自決など悲惨なシーンが多い映画なのだけれど、伊原剛志がバロン西(西竹一連隊長)として格好良く登場していたのには、ストーリーを忘れてニコニコしちゃいました?(^^;;。

Movies
暮れもいよいよ押し迫ってまいりました。
『今日こそは大掃除!』と意気込んでいたのは昨夜まで・・・。
現実逃避(?)に映画を見てきました。
007 Casino Royale
007シリーズ21作目の『007 CASINO ROYALE(『007 カジノ・ロワイヤル』)
映画が始まって最初の大暴れシーンで「なかなかボンドが出てこないなぁ?」なんて観ていたら、暴れていた若いオトコがボンドでした?(^^;;。
前作までの4作品にボンド役だったピアース・ブロスナンの甘いマスクと中年オトコの色気が結構好きだったので、ダニエル・クレイグに違和感が多少あったものの人間味溢れるボンドに引き込まれました。
ボンド・ガールをさらりとかわし深入りすることの決して無かった今までのボンドのある種の冷徹さの原点がここにあったのか・・・。
過去のシリーズと同時系列で考えると時代背景や小物などが全く合わないけれど、新生007としてみるとオモシロイ映画でした。
でもDr. Qが登場しないのはやっぱり寂しいなぁ。
007未体験(?)の方にも楽しんでいただけると思います♪
皆さんもお正月休みにいかがですか??


ここで映画ネタ続けます.....

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。