スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Chinatown@Chicago
シカゴ(郊外)に行くと、ついつい日本食レストランに行ってしまう我が家。
今回もお鮨や日本風スイーツもしっかり食べてきたけれど、ちょっとした楽しみでもあるミツワのフードコートやお弁当はなし。
日本にいたらコンビニ弁当なんていつでも買えるのに、インディアナじゃ売ってないし! あの幕の内っぽい冷えたお弁当ってたまに食べると美味しいんですよね??。

と、そんな話じゃなかった・・・。

今回は初めてシカゴのチャイナタウンにも立ち寄ってきたんです。
Chaina Town@Chicago-1
ここにもやっぱりチャイナゲートが!!
規模はそれほど大きくないし観光地化もされていなくて地元の中国系移民ご用達みたいな雰囲気の漂うチャイナタウン。
すれ違う人たちからも普通に中国語が聞こえてくるし、お店の人もしっかり中国語訛りの英語を喋ってくれる、なかなかディープな地域です。

今回もチャイナタウンに行く計画は全く立てていなかったんだけど、シカゴに行く前日に「チャイナタウンに美味しいヌードル屋さんがある」という情報をいただいて、私もM氏も大乗り気!!
シアトルのインターナショナル・ディストリクトで偶然入ったヌードルショップに惚れてしまって、「あんなお店があればいいのにね?」なんて常々思っていたんです。
そこへもってきてこの情報!! 行かないわけにはいかないでしょ??。

スポンサーサイト
友友馬を聴く
はじめに・・・
前回のエントリーの最後に書いた一文で美味しいディナーを想像したアナタ、ご期待に添えなくてゴメンナサ?イ。
食べ物ネタは次回に回すとして、今日のエントリーがとりあえずメインイベントですのでご了承ください。

--

突然にクラシックファンとなった私とM氏。
誕生日当日の夜にシカゴ交響楽団(Chicago Symphony Orchestra)の演奏を聴きに行ってきました。
Symphony Center-2
シカゴ行きの日程が正式に決まった時から、この日のチケットを取ろうと狙っていたのだけれど既に売り切れ。それでも執拗に(?)チェックしていたら直前になってバルコニー席のチケットが2枚確保できることに!!
少々、お値段は張るものの誕生日だし?と、エイッと購入。これがM氏からの誕生日プレゼントに化けてしまいましたが・・・。
シカゴ交響楽団を本拠地シカゴのオーケストラホールで聴ける、しかも・・・
Symphony Center-1
ヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma、友友馬)ですっ
クラシック通ならずともヨーヨー・マの名前は聞いたことがあるはず! 私もそのうちの一人ですが(^^;;。

今回の演奏会はThe Silk Road Projectの一環としてヨーヨー・マとThe Silk Road Ensemble、シカゴ交響楽団の共演による『Sounds of the Silk Road』。

【シルクロード・プロジェクト】
ヨーヨー・マは1998年に、自身が芸術監督となり、「シルクロード・プロジェクト」を結成
しました。このプロジェクトはシルクロードに沿った様々な文化と伝統の研究を通じて新たなシ
ルクロードの芸術の創造、そして、新しい芸術と文化の発達の源となり、世界各国の生きた伝統
と音楽を支援していくことを目的としている。


コンサートが始まる前にはThe Silk Road Ensembleのメンバーのうちの二名と司会者によるインタビュー形式のレクチャーもあって、演奏への期待も高まるというもの!
Symphony Center-3
コンサートは最初の頃こそ、民族楽器の音色や曲のリズムに戸惑った部分もあったけれど、癒し効果抜群でテレビでしか見たことのないシルクロードの映像が浮かんでくるよう。
ヨーヨー・マのチェロは素人の私にも違いが分かるほど引き込まれる、深い音。これが世界のトップの演奏なんだぁ?と感動でした。
シカゴ交響楽団のチェリストたちも、ヨーヨー・マのソロの時にはステージの上にも関わらず身を乗り出して技を盗もうとしているかのような熱い視線を送っていたのは印象的。
頂点に立つ人って技はモチロンのこと、観客への魅せ方も大切なんですね。(←ミルヒも言ってたっけ?)

近くの席に座っていた男性の体臭が滅茶苦茶キツクて、時折気分が悪くったりしつつも約2時間のコンサート終了。
純粋なクラシック音楽ではないけれど、西洋と東洋の音楽での融合を見事に聴かせてもらえた心に残る素敵な夜でした♪

便乗してきました
アッという間に帰ってきました。
心配していたお天気も全く問題なく、街歩きに食事に音楽にショッピングに・・・と短いながらも楽しいシカゴ滞在を楽しんできました♪

M氏が仕事中(???)は、恒例の街歩き。
今回お世話になったホテルは『シカゴの五番街』とでも言いましょうか、高級ブランド店が立ち並ぶThe Magnificent MileにあるThe Whitehall Hotel
部屋の居心地が良すぎて、初日はチェックイン後の3時間ほどをソファーに座って本を読みふけってしまったほど。シカゴに来てまで何してるんだか・・・(^^;;。

さてさて、街歩きには好立地なこのホテル。
お天気に恵まれた二日目には一人でThe Magnificent Mileをブラブラとお散歩。
Old Water Tower
写真の石造りの塔は『Old Water Tower』。1871年のシカゴの大火で唯一焼け残った公共の建物がコレだったとか。
右奥に見える黒い高層ビルは『Jhon Hancock Center』。443m(100階建)のこのビルはシカゴで3番目に背の高い建物。94階が展望フロアになっているのだけれど、行列に並ぶ気力もなく・・・。

あっ、そうそう!
泊まったホテルの近くで、またまたJ. Seward Johnson, Jr.の彫刻に出会いました。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。