スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【The Circle Edge Punch】かな?
定期購読している雑誌【Martha Stewart Living】の今月号にこんな広告ページを見つけました。

見え難い写真でスミマセン(^^;。

早く欲しいんですけど〜〜っ。
写真を見る限りではAll Over the Pageと同じタイプのパンチのようで、説明によると7サイズのサークルにカット(パンチ)可能だとか。

すでに発売されているWe R Memory Keepersの【Mini 8 Punch】でも、サークルの周囲をパンチ出来るようだけれど、これはデザインがあまり好みではないので、興味はあるものの購入には至っていないアイテム・・・。

そこに持ってきて、このマーサの新商品は見事にツボです♪♪
そうでなくても出費の重なるホリデーシーズン前に、また散財か・・・(^^;。


スポンサーサイト
グリッター付けにもザイロン (Xyron)大活躍!
アルバム作りに、カード作りに、ムスコ用のクラフトに・・・欠かせないのがZyron Sticker Maker。パンチやCricutで抜いた型をはじめ、色んなものをシール化する道具です。
小さいものから大きなものまで種類も多いザイロンの説明は上のリンク先などを見ていただくとして、シールとして利用する以外の使い道で、私がとっても気に入っている使い方をご紹介しますね。

キラキラのグリッター、マーサのクラフトアイテムにもあるんですが、カードやアルバムのポイントにするととっても可愛い仕上がりになります。
CIMG4090.jpg

スタンプしたものをキラキラさせたい時などには、リフィルとグルーパッド(↓)などを使って普通にスタンプを捺す要領で紙にペタッと捺したところに、グリッターをふりかけるのが一般的(その後、余分なグリッターは落とします)。
CIMG4089.jpg

ですが・・・パンチで抜いた紙や表面が未仕上げのチップボード(のアルファベットとか・・・)をキラキラさせたいときって、そのベースとなるものにグルーや両面テープを貼付けてグリッターを振りかけるのも結構面倒じゃないですか?
細かいデザインだと余計に。
ま、パンチの場合は最初からグリッター仕上げされているグリッターペーパーをパンチすれば、それはそれでいいんですが(^^;。
私がよく使うCricutだと、厚みのあるグリッターペーパーをカットする時はブレード(刃)を替えたり、細かいところのカットが粗くなってしまったりすることもあるし、あまり好きじゃないんです。

そんな時に、Zyronの強力なノリ面を利用すれば、簡単&綺麗にグリッターが付けられるんです!
今回はパンチしたカボチャに登場していただきます。このカボチャはマーサのDeep Edge Punch【Jack O Lanterns】で抜いたものからカボチャだけ切り取ったものです。エッジとしてではなく、ただのカボチャ型としても使えますよ♪
そのカボチャさんをZyronに通します。
CIMG4092.jpg

余談ですが・・・目ざとい方はココで何か怪しいのにお気づきですよね?
そう! Zyronのケース(?)無しで、リフィルのみ使ってます(後ろにコッソリ見える紫が私のZyronちゃん)。もちろん、ケース付きで使えばいいんですが、リフィルのみでも問題なく使えます。しかも、こうするとしっかり見えるので、無駄な部分を極力少なく出来て、節約にもなるんですヨ!


細かい部分までしっかりシール化したら、上のセロファンをはがします。
CIMG4094.jpg

そして、紙の上にシール面を上にして置いたら、グリッターを満遍なく振りかけます。今回はマーサの【Glitter Set with Glue Halloween Classic 6pk】のFire Opalを使っています。
CIMG4096.jpg

こんもりと・・・
CIMG4097.jpg

余分なグリッターを落としたら、キラキラ・パンプキーン♪♪
CIMG4099.jpg

一応、これで完成なんですが、もう一度、Zyronを通すと、キラキラ・パンプキン・シールの出来上がり。向きがおかしいですが(^^;。
CIMG4101.jpg
こうすることで、シールとしてすぐに使えるだけでなく、グリッターとZyronをしっかり密着させられるし、余分なグリッターをここでもしっかり取ってもらえるので、パラパラ落ちてくる量も最小限に抑えられて一石三鳥!?

マーサの細かい蝶パンチやボーダーパンチで抜いた普通の紙(白いカードストックでOK!)が、簡単に綺麗なキラキラに仕上がります。
グルーと違って、乾くまで待つ必要もないので直ぐに使えて便利ですよ。
これからクリスマスのカードを作る時の、雪の結晶もこの方法であっという間にキラキラです!
お手持ちのZyronの幅までなら、自家製(?)グリッターペーパーも作れちゃいます(←必要とあらば・・・)。
まだやったことはないけれど、多分フロッキングパウダーもマイクロビーズも同じ方法で出来るんじゃないかな?
Zyron、使えますね〜!!


この方法を使って、アルバムのページもこんなふうに飾っています。
CIMG4087.jpg
これはCricut【Jubilee】で文字(+影)をカットしたものなんですが、文字と影を張り合わせる為にZyronを通した時に、うっかりGと1を裏向きに通してしまったんだけど、この二文字だけを再度カットするのが面倒だったので、グリッターで誤摩化しました(^^;。
暴露しなきゃ、最初からのデザインだと思ってもらえる・・・かな。



Paper Crimperで紙遊び
いつもいつもクラフトの道具やアイデアを教えてくれる友達から、また便利な道具を紹介してもらいました。
クイリングをされる方には違う形のもので同じ機能の道具がお馴染みのようですが・・・Paper Crimper(ペーパー・クリンパー)です。

私が買ったものはFiskarsのペーパー・クリンパー。
Paper Crimperとは紙にヒダ(Crimp)を付ける道具。
2つの凸凹ローラーの隙間を圧力をかけながら通すことで、ヒダヒダな紙になるという単純な仕組みです。

見え難いかな? 手前がクリンパーを通した後の紙です。
手間と時間をかければスコアリングボードなどで、のんびりとゆる~いスコアを引いていけば出来そうな気がしますが、この道具があればあっという間にヒダヒダの出来上がりです。

早速、この道具を使ってみました。
一つ目の作品はなんともシンプルでマスキュリンなクリスマスカード。

クリンパーを通した紙と、Tim HoltzSizzixのコラボ商品、エンボス・ホルダー【HOLIDAY WORDS】でエンボスした紙が主な材料。
クラフトペーパーのカードベースにクリンパーを通した紙(ゴールド)を貼り、その上にエンボスした紙(濃い緑)を貼っています。緑の紙はエンボスした後で、ティムのDistress Ink【TEA DYE】で汚しました。クリスマスカードを汚すって・・・スミマセン(^^;。

クリンパーを通した紙はレイヤーに貼っただけではなくて、エンベリッシュメントにも使っています。

エンベリッシュメントにはクリスマスらしい花でも飾りたいところですが、このカードの雰囲気に合う持ち合わせがなかったので、ヒダヒダの紙をフリーハンドで大きさの違う丸(らしい)形を切り出して、重ねてから、真ん中あたりを大きめのブラッツで留めて”お花風”にしてみました。
ひらひらのシッポ(?)もこの紙を細く切って付けています。


そして二つ目の作品は、Sour Cream Container。

この入れ物、こういう名前だったんだぁ!

小さなお菓子やナッツが入っていたりする、この形の入れ物。考えたこともなかったけれど、簡単に作れるものだったんですね~。

作り方はSplitcoaststampers.com内のコチラ(Sour Cream Container )などに詳しく動画付きでも書かれているので、興味がある方はご覧になってみてくださいね。

ペーパー・クリンパーで押さえなくてもできるんだけど、あるとしっかり留められるし、留め口に雰囲気も出ます!!

それぞれのイベントに合う紙やリボンを使えば、ハロウィンやクリスマスのお菓子を詰めてみたり、各種パーティーで配るのミニギフトなんかを入れても可愛いですよね♪

Paper Crimper、今後のカード作りやアルバム作りのアクセントにしっかり活躍してくれそうな道具です。



マーサ・スチュワートのカートリッジでクリスマスカード用のパーツを作ってみる。
近所にあるもう一つのクラフトストアHobby Lobbyのクリアランス・コーナーで思いも寄らないものを発見しました。
前から欲しいとは思っていたのだけれど、ココでこの値段($17.99でした♪)で出会うとは!! 

Cricut Cakeのカートリッジ、Martha Stewart Crafts【Seasonal Cake Art】です。
Cricut Cakeについて詳しくはコチラ(http://www.cricut.com/cake/)をご覧くださいね。
このカートリッジ、本来はクッキー生地やフォンダントをカットするためのカートリッジなのだけれど、Cricutのどのマシンでも使用可能なので、私の持っている紙用のダイカットマシンでも使えるのです。
マーサのデザインがダイカットできるなんて、嬉し過ぎる~。

付属のブックレットを見てみると・・・



マーサのパンチやステッカーにありそうなデザイン、フォントがいーっぱい♪♪ エッジパンチ並みのものまで。
早速、クリスマスカードに使えそうなモノを数種類選んで、カットしてみました。
試作なので、シンプルなタイプを選んでグリッターペーパーをカット、カット!!

つい先日、『Cricutで恐竜カード 第二弾』でも見ていただきましたが、Cricutってベースにどんどんレイヤーを重ねていって厚みと色を増していくダイカットマシン。
このカートリッジでも、同じように作っていきます。3インチでカットするように設定して、スタート!

上の写真のように、緑のリース部分に赤い鳥を重ねて貼ると・・・
こうなるんですね~。
フォンダントをカットすることを第一次考えて作られているせいか、一般的なカートリッジに較べると、デザイン自体がボッタリした感じで繊細さはないけど・・・ま、いっか(^^;。

試し切りしたパーツをクリスマス柄のPPの上に置いてレイアウトしてみました。




Cricutはスタンプやパンチと違って、カットしたい大きさを自由に変えられるのも魅力の一つ。
クリスマスカードを本格的に作り始める日まで、色々試して遊んでみよーっと。



カード作りのアイデア雑誌、オマケ付き!!
先日、旅先で訪れたスーパーマーケットで雑誌を一冊買いました。
【Paper Crafts】の2012年7/8月号です。
実はカード作りのための雑誌や本って日本語でも英語でも一冊も持っていなくて、アイデアやテクニックはネットで得ることがほとんどでした。
でも、滞在中のホテルで少しのんびりできる時間が取れそうだったので、ベッドに寝転がって雑誌(軽いもの!)を見るのもいいなぁ・・・と、この雑誌を買ってみました。
ふむふむ・・・「今年のパターンは六角形なのかぁ~。」とか、「ほー、水彩の淡い色も綺麗だなぁ」とか、カードの写真と材料リストを見比べながら「ここはコレで作ってるのか!」などと、見入ってしまいました。
ペラペラなクラフト雑誌、楽しいものですね!

ちなみに、定期購読しているMartha Stewart Livingだと、こうは行かない! 読みどころも多くで、写真も美しいし、参考になるところ満載の雑誌ではあるけれど、重いんですよね~。テーブルに置くか、膝に乗せるかして読むにはいいけれど、仰向けに寝転がってマーサ雑誌を読む気にはなれません(^^;。

さて、前置き(?)が長くなりましたが、今回、わざわざ雑誌についてのエントリーを書いているの目的はコレ(↓)。


スーパーの本棚に並べてある雑誌のほとんどは自由にペラペラと中身を見られるように裸(??)なのに、この【Paper Crafts】はビニ本扱い!? 薄いビニール袋に入った状態で並べられていました。
中身が18禁とか、そういう問題ではなく、”オマケ付き”だったようです。
前述の通り、この手の雑誌を買ったことも無ければ、本屋で注意して見たことも無かったので知らなかったんですが、ちょっと調べてみたところ、クリアスタンプやPP、ダイカット済みのチップボードなど、カード作りに使えるオマケが付く雑誌もあって、そういうものはオマケが落ちないように(盗られないように?)袋入りになっているんですね。へぇ~~~っ!

ビニール袋入りでも全く気にせずに買ってしまったこの雑誌、「これは捨ててもいいものかな~?」と一緒に入っていた厚紙を何気に見て見ると・・・

《FREE DIGITAL DOWNLOAD! Holiday Card & More Vol.6》と書かれていました。
なになに??? と、裏面もしっかり読んでみると、どうも、ここに書かれてあるURLに行けば【Holiday Card & More Vol.6】のデジタル版が無料でダウンロードできるということみたい。

早速、行きました! そして、ダウンロードしました・・・ラップトップのMacに。
おーーー! 見事にPDF形式の本一冊分(全164ページ)が!!!
これはiPadにダウンロードした方が便利じゃない? ってことで、再度、iPadにもダウンロード開始。
で、上のiPad写真(緑のカバー付き)になったわけです。
中身もこの通り、指でパラパラ(?)めくれます。

クリスマスカードを中心に数々のカードやタグ、部屋の飾りなどなど、とっても充実した内容の本で、レイアウトや素材の材質や色使い、リボンの使い方、参考になる部分がたくさんです。
早速今年のホリデーカードに取り入れてみたいアイデアもいっぱい。イメージが膨らみます~!

この本、実際に発行されて売られているもののようでアマゾンでも取り扱いがあるみたい。昨年のものなのかな?
 ← 画像クリックでamazon.comの該当ページに。

最近のオマケは凄いことになっているんですね。これ、定価だと$14.95。一年前のモノとはいえ、こんな素敵なデジタル本が無料だなんて~。しかも、私が買った雑誌は$4.99ですから・・・(^^;。
エビで鯛を釣った気分です♪♪

あと、この雑誌のサイト(http://www.papercraftsmag.com/)には買わなくても登録だけで無料ダウンロードできるeBookが今現在で4種類(DIY Decor、Embossing、Homemade Birthday Cards、Congrats and Thank You Cards)用意されています。
私もHomemade Birthday Cards(40作品分)、Congrats and Thank You Cards(30作品分)をダウンロードしてみました。

ボケボケですが、こんな感じにiBookに入ってます。

雑誌のオマケでも驚きましたが、世の中、凄いことになっていますね~。
基本、アナログな私は溺れそうです・・・(^^;。



うふふふふっ♪ 素敵な見切り品たち。
先月の一時帰国前の慌ただしい時期に立ち寄ったMichaels。何気に覗いたクリアランスコーナーの雑多な棚に、他の商品と一緒にゴロンと放り込まれていたのを発見!

キティちゃんのブランクカード 《6月》』でイラストを囲った花模様、マーサのパンチ・アラウンド・ザ・ページ【Flower Box】です。

このパンチセットって定価で買うと約25ドル。
時々出る、Michaelsの50%オフクーポンを使って購入するのが一番安く買える方法だと思うんですが、それでも$12.50(+tax)。それが、これはなんと驚きの$9.99(+tax)だったんです!!

この【Flower Box】、可愛いとは思っていたんだけど、私のいい加減な基準から言うと『可愛過ぎ』て、買うには至っていなかったパンチでした。
でも、この値段を見ては買わないわけにはいかないでしょ!? しかも、リタイアした商品とくれば余計に!?
クリアランスコーナーもマメにチェックすると、掘り出し物が見つかるかも~。

それから、もう一つ、見切り品専門店(?)で購入したマーサのクラフトグッズをお披露目です。

こちらはThuesday Morningという、アウトレット・ストアの様なお店のクラフトグッズの棚で見つけたクリアスタンプ3種類。
今ではもう廃盤(?)のようで、クラフトショップやMartha Stewart Craftsの公式サイトでは買うことのできないもの(Ebayやamazonではまだ出てくることもあります)。
これが$4.99 each!! 欲しい時にすぐに買えるものではないだけに、かなり嬉しい発見でした♪

ちなみに、このTueseday Morningはクラフトアイテムの取り扱いの結構多くて、12"ペーパーパッドやスクラップブッキングのキット、ステッカーなどがたーくさん。
我が家の最寄り店にはマーサやティムのアイテムも常時何点かはある感じです。しかも、それらが相当のセール価格っていうのは嬉しい限りです。
週一(火曜日の朝=Tuesday Morning!!)に新しい商品が入荷するらしいので、私も週に一度はお店に通うようにしているくらい(^^;。
意外とおすすめですよ~。

クリアランス・アイテム、バンザーイ!!!



【Martha Stewart CraftStudio】でお遊び
先日、リリースされたiPadのアプリ【Martha Stewart CraftStudio】。

マーサのPPやスタンプ、シールが自在に使ってデザイン遊びができて、楽しいっ!!
ま、まだそれほど使いこなせていない悲しさはあるんですが・・・(^^;。

私のiPadには撮った写真がほとんど入っていないので、今回は写真の加工は無しで、このアプリに入っている素材だけを使って簡単にカード作りもどき(!)を。
紙を選んで、パンチしてステッカーを重ねて、文字入れすれば、はい、完成!!

Happy 4th of Julyカードの第三弾です!? シンプル過ぎましたかね~。

グリッターも使ってキラキラさせてみたかったけれど、イマイチな出来だったので削除しました。
加えたり、外したりが簡単にできるのもデジタル加工の強み。
実際のスクラップブッキングやカード作りにもプリントアウトして使えばエンベリッシュメントとしても取り入れられそうなアイテムが色々あるので、これから模索してみます。
今のところ無料のものだけでも満足だけど、有料アイテムも覗いてみたい気が・・・。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。