スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古書堂と古本屋
今年5月の一時帰国中に立ち寄った書店で、帯の『本屋大賞・・・』とかいう文句に乗せられて深い思いもなく購入した本がコチラ。
ビブリア
表紙をみると、一見、マンガのようだけれど、普通にゆる〜いミステリー小説。
軽く読み流せる書き味ながら、魅力的な登場人物と登場書籍(?)、私には未知の領域である古書の世界を覗かせてくれる、お気に入りとなりました。
10月の帰国時にも新たな一冊を見つけ、この本、現在3巻まで読みました。年明けには4巻も出るとか。
このブログを書くためにネットを見ていたら、なんと、1月からのフジテレビ月9でドラマ化されて登場するとの記事を発見!! 公式サイトはコチラ()。
原作ファンにとっては、映像化されるとガッカリ…というモノも多々あるので、今回も余り期待はせずに、でも楽しみに待つことにします。


さて、『ビブリア古書堂』を読んだから…というわけではなく、一昨日、ひょんなことから辿り着いた一つのブログ『シアトル古本屋家業』さん。
リンクの了解も得ず、勝手にご紹介させていただきますが、ブログタイトル通り、シアトルで古本屋さんを営んでいらっしゃる沖縄県宮古島出身の女性が書かれているブログです。
現在から遡って、2009年3月24日(息子が生まれる3日前!)の初投稿分まで一気に読んじゃいました。
ブログの内容は、決して流行っているとは言えない家業の古本屋『NEWBERRY BOOKS』のこと、フルタイムで勤めていらっしゃる大学図書館のこと、古本業界のこと、シアトルのこと、ご本人とご家族のこと、お料理のこと、ご出身地の宮古島のこと、などなど多岐に渡っています。
何よりもブログ主のRitsukoさんの前向きな姿勢、簡潔で読み易い文章と豊かな人脈、波瀾万丈な内容に引き込まれました。
昨日今日、その存在を知った私が言うのも何なんですが、シアトルのパイオニア・スクエアにあった実店舗が2ヶ月前に閉じられてしまったのはまことに残念。
古書には全く造詣のない私ですが、土曜日に店番をするRitsukoさんを、お団子でも持って訪ねてみたかった〜。
ブログ内で時折ご紹介下さる本や映画も興味深く、今後の更新も楽しみです!

単純な私は、ビブリア…とRitsukoさんのブログに影響を受けて、古本屋さんに行ってみたくなっています。
一度は手放したものの、もう一度手許に置いておきたい本が一冊あるので、日本に帰ったら古本屋さん巡りしてみようかな。
ま、Amazonのマーケットプレイスで1円で売ってるのは確認済みなんだけどね(^_^;)。


いつにも増してまとまりの無いエントリーになってしまった気がしてますが、本の虫で鋭い書評をお聞かせくださるMさん、大学図書館勤務もされていたNさん、宮古島出身でビブリアを気に入ってくださっているKさん、シアトルにほど近いT市にお住まいのSさん、そして拙ブログをご覧くださっているみなさんも機会があれば、ビブリア、、、とRitsukoさんのブログ、ご覧になってみてくださいね。
古書、古書店に触れてみたくなるかも〜。



スポンサーサイト
Good Job、チビスケ!
毎年恒例のTAX RETURN(確定申告)の季節がやってきました。

GOOD JOB、チビスケ!

2008年度に較べ、2009年度の還付金はかなりアップ。
2008年度とは総収入も違うし、モーゲージの利息分や医療費、新車購入分などの控除も含まれるのだけれど、チビスケの貢献度高しです♪
ま、チビスケ出費もかなりなものですが・・・(^^;。
チビスケのお陰(?)ってことで、一応、褒めておきましょうか



さてさて、新車購入といえば・・・リコール!
我が家は2台ともトヨタ車です。そして昨年購入した一台が見事にリコール対象車となってます(すでに修理済み)。
”まずはトヨタから手紙が届く”とテレビニュースなどで言っていた『手紙』は未だに届かず。
リコール発表から一週間くらい経っても何の音沙汰もないので、こっちから電話で問い合わせをしたのですが、それで初めて物事が進むって、なんかおかしくないですか?
購入者が把握できないわけではないだろうに・・・リコールってこんなもの?
社長自ら『お客様第一です』と、おっしゃっていたはずなのに、なんだかなぁ???。

感謝祭
Thanksgiving 2009-1

今日(11月の第四木曜日)は感謝祭【Thanksgiving Day】です。
アメリカで暮らし始めてから毎年のように感謝祭は知人宅にお呼ばれしていたので、我が家のオーブンに七面鳥が入ったことはなかったのだけれど、今年は家にアメリカ人(=チビスケ)もいることだし家族三人で感謝祭を・・・と、七面鳥を焼いてみました!!

・・・って、嘘です・・・。 
ん? 嘘でもないか・・・食べる直前に一時間程オーブンで温め直したので、一応は我が家のオーブンで七面鳥を焼いたことになるのかな?!

実はWhole Foods MarketのThanksgiving Dinner Packageの中から2?4人用のTraditional DInnerをオーダーしてたんです。
2?4人用といっても余裕で4?6人分はありそうなセットで、メインのターキーは7lb(3kgちょっと)くらいあります!!
サイドディッシュ(マッシュポテト、グリーンビーンズ、ハーブ・スタッフィング)は各2lb。それにターキーグレービーとクランベリーソース、ディナーロールもセットになっているので、温め直してハイ、完成♪

Thanksgiving 2009-2

コーンクリームスープとワインの代わりのスパークリング・グレープジュースもプラスして我が家のThanksgiving Dinnerです(^^)。
ま、チビスケは何一つ食べられませんけどね?。参加することに意義があるってことで


今まで、イベント事に重きを置いてこなかった我が家なのに、チビスケのお陰で今年はついにクリスマスツリーやクリスマスプレゼントまで登場かも。
我が家も世間並みのホリデーシーズンを迎えるのかぁ?! 本音を言えば・・・めんどくさいぞ!!

タイレノール信奉?
10月になりました。2009年も残り3ヶ月! 全く信じられない早さで日々が過ぎていきます。
今月は約7年ぶりの一時帰国も予定している我が家は増々あっという間に11月が来てしまいそうな予感が・・・。

そう、一時帰国です! チビスケにとっては初めてだらけの一時帰国。
日本ももちろん初めてならば、その前の飛行機も初めて。
Baby連れでの飛行機旅は考えれば考える程、ブルーになってしまいます?。
機内で泣きわめいたり、騒いだりして周りの乗客に迷惑をかけてしまわないか、とか、チビスケ自身が気圧の関係で起こる体調の変化に適応できるか、とか・・・。

先日の6ヶ月検診時にリデル先生に相談したところ、次の二つのアドバイスをいただきました。
・搭乗の30?45分前に【TYLENOL Infants' Drops】○○ml(チビスケの適量)を飲ませること。
・気圧の変化で耳が痛くならないように(Babyは耳抜きができないので・・・)離着陸時に授乳すること。

Infants' Tylenol
これ(↑)がそのTYLENOL (Infants' Drops)。乳幼児用のタイレノールです。
このタイレノールを飲めば、その作用で眠ってしまうということらしいんです。
なにかって言うとタイレノール(もしくはアドビル)を飲むアメリカならではのアドバイスのような気が・・・。
熱も痛みもないチビスケに薬を飲ませるのはどうも引っかかるところもあるんだけど、それで本人もラクに過ごせるなら、こういう薬の使い方もアリかな。

シカゴ?成田は13時間の長距離フライト。恙無く乗り切れますように・・・。


☆☆☆

タイレノールアメリカでは超メジャーな解熱・鎮痛剤で有効成分はアセトアミノフェン。(注 解熱・鎮痛剤としてはアドビル">(有効成分:イブプロフェン)も有名です)
コチラのサイト(http://www.tylenol.com/page.jhtml?id=tylenol/products/main.inc)を見ていただければ分かるように、症状に合わせてたくさんの”タイレノール ○△”があります。
そのうちの一つが乳幼児用で、飲みやすいように粘り気のある液体になっていて、味もチェリー味とグレープ味の2種類。
ちなみにチビスケのはグレープ味。Baby Showerで何か薬をもらっていたのを思い出して、チビスケの薬箱を探してみたらやっぱりコレでした。抜かりなくタイレノールをギフトにしてくれていたなんて、さすがアメリカ人!?

☆☆☆

コーヒーカード @ スタバ
じゃーーん!

スタバカード-1

このペラペラな紙製カード、ご存知ですか?

You're my sunshine
アズキ(4/14/2008)
*写真は本文とは一切関係のない今日のアズキです。

私、先週末に3x回目の誕生日を迎えてしまいました。
4月上旬にGC取得と誕生祝いを兼ねた”リゾート&スパ&カジノ・ホテル一泊二日強行軍の旅 - ディナー付き”で散財したあとなので、誕生日当日はシカゴで地味に過ごして来ました。
ま、私にとってはミツワ・マーケットプレイスで三省堂書店に行けることが最大級のプレゼントなんですけどね?♪

今回のシカゴでは食べ物ネタがイマイチなので、三省堂で買ったもの中から二つをご紹介します。
お付き合い下さいませ☆


”攻めの保湿”ですっ!
すでにかなりの出遅れ感いっぱいですが、お肌の保湿とやらに挑戦(?)してみる気になった私、3x歳。
ここ数年、巷で話題のクレーム ドゥ・ラ・メールを使ってみようかと思っていた矢先に、このクリームを使っているというお肌つるつるの若い知人二人とランチをご一緒する機会があり、根掘り葉掘り聞いてみたところかなりお高いことが発覚!
La Mer
日本では60ml入りで32,000円(アメリカではほぼ同量の2oz入りで220ドル)ですって!!
それでも使い心地もよさそうだし・・・と、取り敢えず一番小さい1oz入り(125ドル)を買ってみてもいいかなぁと気持ちが固まりかけていた時に、同席していた友人から薦められたのが、これまた評判の良い(らしい?)Dr. Ci:Laboのアクアコラーゲンゲル(↓)。
Dr. Ci:Labo
お値段から言っても、ラ・メールよりはずいぶんお手頃。
日本では120g入りで7,800円(アメリカでは4.2ozで72ドル)。これでも私にとってはかなり高価ではあるのだけれど、許容範囲かなぁ?

そして何より「面倒くさがりなチェリーさんにはピッタリよ!」と私のズボラさを知っている友人からのプッシュもあり、今度は気持ちがコチラに傾く・・・。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。