スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バスケットとスパイスボード
バスケット作り、続いてます♪ 【以前の記事はこちら
あれから3ヶ月半、新たに3つのバスケットが完成しました。
全てにブルー系のアクセントカラーが入っていますが、形や編み方の違いで雰囲気もまるっきり変わってきます。
奥が深いなぁ。

Basket-5
Easter Basket
イースターのエッグハント用に作っていたのだけれど、ギリギリ間に合わず。来年用になりました。
カゴ部分の直径20cm、高さ15cmと今までで一番の大作です。


Basket-6 Basket-6-1
 Round Basket with Spiral Decoration
一緒にバスケットを作っているお友達の間では『みかんカゴ』の愛称(?)で親しまれているデザインです。
直径25cm、高さ9cmと浅めのバスケットで外側のクルクル模様がアクセント♪


Basket-7 Basket-7-1
 Easy Wood Bottom Basket
15cm x 15cmの底板を使うタイプのパスケット。仕上げにブルーベリーモチーフをラフィアで結びつけてます(見え難いけど(^^;)。



そして、バスケット作りを一緒にしているお友達と『スパイスボード』にも挑戦しました。
きっと『スパイスボードって、なに?』ですよね。
どうも、シカゴ在のクラフト好きな日本人主婦の方々から始まったモノらしく、ネットで検索するとアメリカ中西部発の主婦ブログを中心に、類似のものがたくさんヒットします。

ボードの形やデザインは十人十色ですが、基本はボードにスパイスやハーブ(乾燥でも、生でも)、乾燥パスタを貼付けて、最後にコーティングするだけの簡単クラフト。
簡単は簡単なんだけど、要所要所にはテクニックも必要だし、なによりも細かい材料相手、細かい作業の連続なので”根気”を必要とします!! 途中、キーーッとなりそうでした

粘土(クレイ)細工でミニ・ガーデニングツールを作って、一幅の絵のように仕上げるスパイスボードを教えてもらいながら作ることもできたのですが、なんせ面倒くさがりの私。作ったのは一番シンプルなタイプのスパイスボードです。
スパイスボード
好きなスパイスとハーブを置いて、色付けしたアルファベット・パスタでそれぞれの名前を置いていくだけ。
写真でポテチが置いてあるところには、記念に我が家の名字を入れています。

上の写真では仕上がりの質感が分かり難いですね(^^;。
実際にはコーティング材でツルツル・ツヤツヤになっています(↓)。
スパイスボード-1

家に持ち帰ったら、いきなり、ローリエの葉っぱをチビスケに引っ張られてしまい、外れそうになってますがキッチンの壁にでも飾っておこうと思っています♪
今回も色々と準備&ご指導下さったMSさん、MHさん、ありがとうございました。



スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。