スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蝶のパンチでサンキューカード
蝶のパンチでブランクカードでも登場している、マーサのクラフトパンチ【Monarch Butterfly Embossing Punch】がメインのサンキューカード、蝶とリボンの色を変えて2種類作りました。

一瞬でスゴ技! = Double Embossing Punch =のクマさんパンチが蝶に変わっただけ・・・とも言いますが。


一つは息子にプラレールセットを譲ってくださった知人へ、もう一つはドイツパン職人の友人へ。

内側にも表紙の端と同じパンチ・アラウンド・ザ・ページ【Eyelet Lace】でパンチしたピンクのカードストックを2枚重ねて、メッセージを書けるようにしました。私にしてはちょっと女の子っぽ過ぎたかな?

コーナーには白い蝶を。




スポンサーサイト
ラベンダーのバスボム
はじめに・・・石けんじゃないけど、お風呂つながりでSoap Makingカテゴリーに入れちゃいます(^^;。

-*-*-*-*-*-

息子のバスタイム用に市販の入浴剤以外に、手作りのバスボムを使うこともあります。
小振りなのであっという間にジュワジュワ~ッと溶けるし、白湯とは明らかに違ってお湯が柔らかくなるし、香りもいいし、ケアする私もリラックスできるのでいいんですよ~。

作り方(材料)はいくつかあるようですが、私はAll Aboutで紹介されている【簡単手作りバスボムで、ロハスなバスタイム】を参考に作っています。

●材料 : 重曹、クエン酸、コーンスターチ、水、精油、フードカラーリング剤など。

*写真には重曹とコーンスターチは写っていません(^^;。

粉類をまとめて、精油数滴(今回はラベンダーとローズマリーの精油を使用)、フードカラーリングを合わせると・・・

こうなります。淡いグリーンがきれい♪ 

このグリーンの粉に水を一滴ずつ落としては混ぜ、落としては混ぜ・・・の作業を、全体が湿り気を帯びてきて指先でギュッとつまむと固まるくらいになるまで続けます。
あれ? 淡いグリーンを期待してピスタッチオ・グリーンにしてみようとフードカラーリング剤の箱の裏に書いてあるレシピ通りに黄色1:緑4の割合で合わせたら・・・想像よりも派手なグリーンになっちゃっいました。ライム・グリーンの方が、希望の色に近かったのかも~。ま、今回はこれで良しと。

私はここでラベンダーのドライハーブを少し加えてから、粉を型に入れ、上からスプーンの背でギュッギュッと押し固めます。

この型は数年前にIKEAで買った製氷皿。たしか1ドルとか、とっても安いものでした。他にも数種類の型があった記憶が。


今回はAll Aboutに載っている基本の分量の3倍量で作って、この製氷皿にちょうどぴったり。お花12個分になりました。
製氷皿でなくても、おにぎりを作るようにラップでくるんでギュッギュと丸く固めてもコロコロの可愛いバスボムができます♪

ここまでできたらほぼ完成。半日~一日おいて、固まれば型から外して密閉容器などに入れて保存します。
私が作るサイズは小さいので、我が家のお風呂には一度に3個くらい入れます。
洗面器などで簡易フットバス(足湯?)を楽しむときには1個で十分。


セロファンの袋に入れてちょっとしたギフトにしたりもしています。その際には崩れ易いのでくれぐれも取り扱いにご注意を。

小さなお子さんやペットが間違って口に入れたりすることの無いように、保管には十分お気をつけ下さい。




一瞬でスゴ技! = Double Embossing Punch =
息子にアンパンマンのビデオや絵本を譲ってくださった知人にお礼のカードと一緒に、小さなギフトを用意しました。
Thank youカードは例の如く・・・『リボンとモチーフ3つ並び』。

テディベア好きな彼女には胸元に小さなパール風シールを貼ってちょっとおめかししたクマさんのモチーフです。

このクマは、こちら(↓)のマーサの【Teddy Bear Medium Double Embossing Punch】で型抜きしたもの。

グリッターペーパーを使ったので全く認識できませんが、このクマさん、お腹や口の周り、手足がエンボス加工されているんですよ。普通のパンチの時よりも強めに「ガシッ」とパンチすると、カットと同時に凹凸がついてエンボス加工できる仕組みです。ちょっとふっくらして、ますます可愛いクマさんです。

そして、同じパンチを使って小さなギフトタグも作りました。

茶色いカードストックに茶色で抜いたクマさんを貼付けているように見えますよね? (あ、グリッターペーパーでは見えなかったエンボスも微妙に見えてますね!)
もう少し、近づいてみましょう!

あれれ? 台紙との間に隙間が見えますね~。
台紙から完全には離れていなくて、一部だけがくっ付いた状態で浮き上がってます。
これがこのパンチの醍醐味!?
上のカードのように普通にパンチで型抜きもできるんですが、チカラの入れ具合によってポップアップ&ドライエンボスのダブル技が一瞬でできるパンチでもあるんです。
ダブル・エンボッシング・パンチでパンチしただけでこの仕上がり・・・って、素晴らしい!!

実は私、この種のクラフトパンチをいくつか持っているんですが、いつもダイカットだけで満足していたので、実際にポップアップ&エンボスとして利用するのは初めてでした。
今更ながら、色々使えそ~~っ!

ちなみに、フロリダへミッキーに会いに行ってきたばかりの彼女へのギフトはミッキー型(ミニーにも可?)クラフトパンチ。

こちらはポップアップもエンボスもできないダイカット専門です(^^;。




【番外編】マガジンラック
先日誕生日を迎えた友人Rさんに、共通の友人Kさんとの共同作業(!)でバスケットを編みました。

彼女のリクエストにより、マガジンラックにも使えそうな大きさのバスケットです。
紺の差し色がRさんっぽいかな。

プレゼント・・・ということで、彼女のイニシャル入りのタグも付けてみました。

ポリマークレイにスタンプを押して焼いただけの、超簡単な丸いタグにスエードの革ひもを付けて。
アルファベットとフレームは、先日、Tuesday Morningで思いがけず手に入れたクリアスタンプを使っています。
このタグはサンディエゴ在住のmarikobrownさんがご自身のブログ『from MB in SD』でご紹介されていたのを参考にさせていただきました。

3種類作ってみてどれにしようか迷ったので、もう、全部くっ付けちゃえ!!と・・・(^^;。
私からのギフトはセロファンで包んでリボンとギフトタグを付けました。

流石、マガジンラック(にもなる)バスケット! 本もきれいに納まります♪

Kさんが選んだギフトも計ったかのように、ピッタリ入りました~。
これぞ、ギフトバスケット!!!

喜んでもらえると嬉しいなぁ。

そして先日から悩んでいたカードは、結局、カップケーキモチーフにしました。


HAPPY BIRTHDAY!!




母の日カード
5月末から3週間ほどの一時帰国を予定しているので、その時でいいか・・・と、親不孝なことを考えていた今年の母の日。
でも、日にちが近づいてくるとやはり気になるものです。急ごしらえで母の日カードを作りました。

花モチーフ+リボン使いでフェミニンな感じに?と、漠然とイメージが湧いていたのですが、道具箱を開けたら、先日、友人へのバースデーカードの試作の時に残りの紙でリボンを通してベース部分だけ作っていたカードストックを発見してしまいました・・・。
これ、使いましょう。いや、使わなければ・・・主婦は節約命です!?

ん~、またまたまたまた『リボンとモチーフ3つ並び』にしちゃおっか?とも思ったのだけれど、使い回し過ぎのため、今回は却下。
今朝は一から始める気力は起きなかったので、あらかじめパンチやエンボス加工しているストック物を利用することにしました。

実は、作業中もどうもピンと来なくて、それでもそのまま進めていったら全然気に入らないものが完成してしまった~~(><)。でも、記録ブログには載せておかなければ・・・。

母の日用のスタンプは持っていないので、『ありがとう』の気持ちを込めて【Thanks so Much】スタンプをマーサの【Pastel Embossing Powders】からピンクのパウダーでヒートエンボス。
エンボスマシン『Sizzix Texture Boutique』でCuttlebug【Birds And Swirls】フォルダーをエンボス加工したベージュのカードストックの上にパンチで抜いた蝶を貼りました。

ちなみに内側は周囲にエンボスのラインを引き、【Just for YOU】のスタンプと花型パンチや葉っぱ(っぽい)型、丸型を組み合わせた小さな花をあしらって、蝶を飛ばしています。余白部分に手書きのメッセージを入れれば完成かな。



こんな有り合わせの材料を寄せ集めたカードでゴメンナサイ・・・母上様お二方。




もうすぐ端午の節句 ~折り紙カブト~
3歳になった息子は日本の歌を歌ったり、季節の行事をお祝いしたりする、日本人プレイグループに週に一度、参加しています。
基本的には、毎週、歌と絵本、簡単なプリント、それに時々工作をしたりするのですが、その工作で作ったものも乱暴に遊んでボロボロになる前に(!)このブログに載せておこうと思います。

先週作ったのは『チューリップ』。
まだ上手には折れないので、ほぼ親である私が作っているようなものなんですが・・・(^^;。
チューリップを斬新な色にしたのは当然(!)息子です。
茎と葉っぱは厚紙を切ったものを用意してくださっていました。


そして今日は端午の節句も近いということで、カブトを折りました。


スーパーの紙袋を解体して、高さに合わせて一袋で2枚の正方形(17インチx17インチ)が切り出せます。
この茶紙、梱包用に売られているものよりも分厚くてしっかりしているんですよね。言い換えれば、ゴワゴワしていて梱包するには少々扱いづらいんですが・・・。
それでも、カブト程度を折るには問題無しです。
ガッチリしたカブトが完成しました。

しかし! 新聞紙カブトに較べてもかなりの小振りゆえ、いくら3歳児でも、かぶるには小さ過ぎてチョコンと乗せるのが精々。動くとあっけなく落ちてしまいます(^^;。
ちゃんとかぶるには新聞紙くらいないと無理ですね~。





スコアリングボードで封筒作り
出勤するかのごとく、日参しているクラフトストアの大手チェーンのMichael's
先月の事になりますが、そこのオリジナルブランド《Recollections》のペーパーパッドが半額だったのをいいことに、新発売の8.5インチX11インチのパッドを2種類購入しました。たしか、もう一種類、黒白メインのようなパッドがあったはず・・・?

緑、ピンク、黄色ベースの花柄デザイン《Garden Florals》と、明るい色合いのストライプや水玉、チェック柄の集まった《Bold Basics》です。
1パッドに240枚入り!! 60デザインが4枚ずつ入っていて、セール価格の10ドルは”即買い”でしょ?
このパッドを見かけた時から「封筒作りにピッタリ~!」な予感がしていたんです。
特に《Garden Florals》には結構、日本的な花柄もあるので、日本でよくある縦長の封筒+一筆箋のセットを作ることにしました。
サイズは手元にあった市販の封筒を参考にして、お札や小切手を折らずに入れられる3.25インチx7インチ(8cmx18cm)に決定です。

切り出したあとの端切れで一筆箋(3インチx6.5インチ)とミニミニカード(2インチx3インチ)もできました。

作り過ぎたので、10枚セットにして友達にお裾分け~。


次に作ったのは、海外でよくあるタイプ(?)の封筒。
上記の縦長の日本的な封筒は自分でサイズを決めたので、封筒作りに使うマーサのスコアリングボードのどことどこにA線とB線を引けばいいのか自分で考えなければいけなかったんですが、次のパターンはスコアリングボードのガイドに書いてある通りでOKです。
使う紙が8.5インチX11インチなので、8.5インチ四方の正方形から作る封筒(A2)が最大。その一回り小さい7.5インチ四方の正方形から作る封筒(4 bar)が使い勝手もよさそうなので、こちらを大量生産実行です!
↓A2と4 barの大きさの違いは、こんな感じ。

縦長封筒の時と同様に、切れ端は角をコーナーパンチで丸めて一筆箋にしました。

キッチリしたカードではないけれど、ちょっとしたものを渡すとき、借りていたものをお返しするときなど、一言添えたい時にぴったりな封筒と一筆箋の出来上がりです。




一筆箋・・・のようなカード
ご無沙汰してしまっている知人に宛てて手紙を書きました。要らないとは思うけれど、息子のフォトカード入りで・・・(^^;。
書き終わったあとで、一つだけ書き忘れがあることに気付いて、作ったのがこの一筆箋のようなカード。


5インチx3.25インチにカットしたカードストックの周囲をマーサのパンチ・アラウンド・ザ・ページ【Eyelet Lace】でパンチしただけのカードです。
実はCricutで色んな形や文字を切り出したあとの様々な色のカードストックを「またの機会に、何かに使えるかな?」と残している紙切れがたくさんあって、その中から上記のサイズが取れそうなものを選んでパンチ、パンチ!

濃い色の紙なので、文字は白で書きました。

意外と使い道のありそうな、このサイズのカード(メモ用紙?)。
スコアリングボードで0.5インチ幅くらいのラインをエンボスして、罫線を入れてもいい感じです。
大量生産中・・・。



カップケーキパンチのバースデーカード
試作中の友人へのバースデーカード。『リボンとモチーフ3つ並び』のパターンが再登場!?
今回はグリッターペーパーをカップケーキのパンチで抜いたものをメインにおいています。

まずは『エンボス加工でバースデーカード』と同じ紫色のカードストックを使って・・・

色を変えて、マット無しでカップケーキを直に貼付け・・・

もう一つ・・・

おまけで・・・

リボンのパンチまで使ったもんだから、ますます悩む~。どうしようかなぁ~。




バスケット #11~#12
今年に入って作ったバスケットの登場です。もう4ヶ月が過ぎようとしているのに・・・2つしかできてないって(^^;。

#11 Square Basket
一作目のSquare Basketに似た、持ち手のない正方形バスケット。大きさはこちらの方が少し大きく底面が25cmx25cmくらい。


#12 Large Hearth Basket
既成のハンドルを一緒に編み込んで作るタイプのバスケット。底面が25cmx40cmと大きめなので、使い道も色々ありそうなお気に入りの一つです。






バスケット #8~#10
この辺りからバスケット作りも2年目に入りました。相変わらずのスローペースで製作中です。

#8 Just a Little Cutie
5cm x 22cmの楕円形底板をベースに作った、今までで最小のバスケット。キッチンの小物入れに使ってます。


#9 Blueberry Centerpiece
こちらは15cm x 25cmの少し大きめ底板を使うタイプの楕円形バスケット。アクセントのセンターピースにブルーベリー柄を選びました♪


#10 Altered Shelly's Basket
コチラは今までで一番大きい28cm x 28cm x 32cmのバスケット。
息子のおもちゃ入れ用にと作り始めたもので、ぬいぐるみが放り込まれているカゴが1作目でプラレールが入っているほうが2作目。
大きいから大変かな?と思ったけど、実はざくざくと同じ作業を続けるところが多いので私向きでした(^^;。





スパイスボード♪
もう一年近く前になりますが、バスケット作りを一緒にしているお友達と『スパイスボード』にも挑戦しました。
きっと『スパイスボードって、なに?』ですよね。
どうも、シカゴ在住のクラフト好きな日本人主婦の方々から始まったモノらしく、ネットで検索するとアメリカ中西部発の主婦ブログを中心に、類似のものがたくさんヒットします。

ボードの形やデザインは十人十色ですが、基本はボードにスパイスやハーブ(乾燥でも、生でも)、乾燥パスタを貼付けて、最後にコーティングするだけの簡単クラフト。
簡単は簡単なんだけど、要所要所にはテクニックも必要だし、なによりも細かい材料相手、細かい作業の連続なので”根気”を必要とします!! 途中、キーーッとなりそうでした。

粘土(クレイ)細工でミニ・ガーデニングツールを作って、一幅の絵のように仕上げるスパイスボードを教えてもらいながら作ることもできたのですが、なんせ面倒くさがりの私。作ったのは一番シンプルなタイプのスパイスボードです。

好きなスパイスとハーブを置いて、色付けしたアルファベット・パスタでそれぞれの名前を置いていくだけ。
写真でポテチが置いてあるところには、記念に我が家の名字を入れています。

上の写真では仕上がりの質感が分かり難いですね(^^;。
実際にはコーティング材でツルツル・ツヤツヤになっています(↓)。





バスケット #6~#7
習い始めて半年が経過したころの作品。しかし、先生に聞いてばかりの上達の見られない生徒です。

#6 Round Basket with Spiral Decoration
一緒にバスケットを作っているお友達の間では『みかんカゴ』の愛称(?)で親しまれているデザインです。
直径25cm、高さ9cmと浅めのバスケットで外側のクルクル模様がアクセント。



#7 Easy Wood Bottom Basket
15cm x 15cmの底板を使うタイプのパスケット。仕上げにブルーベリーモチーフをラフィアで結びつけてます(見え難いけど(^^;)。






バスケット #1~#5
2010年の秋頃から通い始めた友人主宰のバスケット作りのクラス。
お喋りと自主的な休憩時間が長くて、バスケット作りはなかなか進まないけれど、楽しく通っています♪
作り方は自分でもうまく説明できないので、とりあえず完成写真のみアップしておきます。

#1 Square Basket
記念すべき一作目は基本の編み方や始末の仕方がつまった取っ手付きのバスケット。


#2 Mini Muffin Basket
規則に沿って編み込んでいくとこんなデコラティブなカゴにもなります。差し色次第で雰囲気も変わるので色選びも楽しい!


#3 Round Basket
底が丸いタイプのバスケット。


#4 Napkin Holder
☆モチーフを取り付けて、食卓に置くナプキンホルダーの完成!


#5 Easter Basket
イースター(復活祭)でのイベント、エッグ・ハント用にデザインされた長いハンドル付きの大きめな円形バスケット。
ぬるま湯にしっかり浸して柔らかくなった素材をクリンとねじった状態で編み込んでいくとこんな立体的な飾りができます。
カゴ部分の直径20cm、高さ15cmと今までで一番の大作です。





エンボス加工でバースデーカード
エンボス加工で簡単バースデーカード

友人へのバースデーカードを試作中。
一作目は5インチx5インチのグレーの無地カードを利用して、エンボス加工したフレーズをメインに置いたカードです。

Sizzixの『Texture Boutique Embossing Machine』を使って【Birthday Set #5 】に入っている”Make a wish”フォルダーでエンボス加工。台紙にもドット柄をエンボス。

左側にはマーサのエッジパンチ【Threader】で開けた穴にリボンを通し、パンチ・アラウンド・ザ・ページ【Eyelet Lace】でパンチした紫のカードストックを貼付けました。

この紫のカードストックは蝶のパンチでブランクカード(紫)で使用したもの。甘くなりすぎない色合いが気に入っています。




お馬のバースデーカード
3月27日は息子の誕生日。3歳になりました♪
馬好きな彼には馬モチーフでバースデーカードです。

こちらもCricutの【Create a Critter Cartridge】から1.5インチで作成した馬を3つ並べ、マーサのエッジパンチ【Threader】で開けた穴にリボンを通したもの。
そして、マーサのクリアスタンプセット【Phrases】からHappy Birthdayのスタンプと、パンチ・アラウンド・ザ・ページ【Scallop 3 Dot】でアクセントをつけて完成です。

内側にも一頭だけ馬をあしらって、メッセージを書きました。

ちなみに、このカードは大きくなったら自分で読めるようにと彼のアルバム(簡易?スクラップブック)に貼付けています。




クマさんのバースデーカード
2軒となりのご近所さんでもあり、息子と誕生日が一週間違いの同い年でもあるノーラン君へのバースデーカード。

うふふ・・・やっぱり『リボンとモチーフ3つ並び』のパターン。
アップする順序が前後していますが・・・このカードが結構初期(といっても、一ヶ月くらい前(^^;)のものなので、この辺りから『リボンとモチーフ3つ並び』のパターンが始まったような感じかな。

3匹のクマさんは昨年末にほぼ”勢い”で購入した、ダイカットマシン『Cricut Expression』の【Create a Critter Cartridge】から作成。1.5インチでカットして、それぞれの洋服の色を変えました。

下のスタンプはマーサ(・スチュワートって書くの、面倒になった!)のクリアスタンプセット【Phrases】から。ちなみにスタンプの焦げ茶色もマーサのインクパッド【Floral - 6 count】からchocolate。←ゾウさんパンチのバースデーカードからのこの部分、コピペです(^^;。

エッジパンチはマーサの【Arch Lattice】。

カードの内側はこんな感じ(↓)。

中には風船を持ったクマさん。地面を意識した(?)茶色いパターンペーパー(seiの【Zoo Pals Paper Pad】より)はエッジパンチはマーサの【Zig Zag】。白地が寂しいなぁ・・・今更遅いけれど、今後の教訓に。
水色のプレゼントは封を留めるシールです。




蝶のパンチでブランクカード
ゾウさんパンチのバースデーカードに引き続き『リボンとモチーフ3つ並び』のパターンでお引っ越しする知人へ送るカード。表紙のフレーズに悩んだ末に文字を入れずブランクカードにしました。
色使い以外でゾウさんパンチのバースデーカード(青)と違うのは、「ゾウが蝶に変わったコト」くらいでしょうか?
説明の必要も無し(^^;。

蝶はマーサのクラフトパンチ【Monarch Butterfly Embossing Punch 】でオフホワイトとライムイエローのグリッターペーパー(キラキラが見えないけれど、一応、グリッターペーパーなんです)を抜いています。パール風のシールをアクセントに。

いたってシンプル、作るの簡単!なこのパターン、とっても気に入っているようで、まだまだ続きます・・・。




ゾウさんパンチのバースデーカード
最近、この『リボンとモチーフ3つ並び』のパターンに凝ってるらしい・・・私。
これから連続して登場予定(^^;。

まずは、息子(3歳)のお友達へのバースデーカード。

上部のリボンはマーサ・スチュワートのエッジパンチ【Threader】を使って開けたリボンホールに台紙のカードストックと同系色のリボンを通したもの。

その下にはこちらもマーサ・スチュワートのクラフトパンチ【Double Embossed Elephant】で抜いたゾウさん3頭をSizzix Texture Boutiqueでドット柄にエンボス加工した台紙の上にペタリ。
スタンプはマーサ(・スチュワートって書くの、面倒になった!)のクリアスタンプセット【Phrases】から。ちなみにスタンプの焦げ茶色もマーサのインクパッド【Floral - 6 count】からchocolate。

そして市販の無地カードとそれに少しずらして重ねたカードストックにはまたまたマーサのパンチ・アラウンド・ザ・ページ【Scallop 3 Dot】でアクセントをつけました。

中にはマーサのスコアリングボードで少しエンボスのラインを引いています。




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。