スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウチの男子、厨房に入って!

檀流クッキング 檀流クッキング
檀 一雄 (2002/09)
中央公論新社

この商品の詳細を見る


届いてから一気に読み終えてしまったこの本。
昭和44年?45年にサンケイ新聞に連載された(らしい)檀 一雄の料理指南書。
完成写真もなし、詳しいレシピもなし。
94編それぞれが1600字以内(文庫本で約2ページ分)で、その中にはテーマとなる料理の調理のポイント、それにまつわる各地の話や食材の話などがテンポよく散りばめられていて、それでいて全く押し付けがましくない。
なのに(だからこそ?)、どんどん料理のイメージが膨らみ、読み進めるに連れて頭の中であたかも実際に料理を作っているような錯覚にさえ陥る素敵な一冊でした。

これが書かれたのは35年前。古さを感じさせるどころか反対に今流行りのロハス的要素がごくごく自然に取り入れられている。
なんともカッコいい一冊、M氏にも読ませたい本である。
そして我が家の”檀一雄”になって欲しい・・・ただし、火宅の人になられると困るのだけれど(^^;;。

  
Comment to this entry
  この本
読んだこと無いけれど、知ってます~!
へーーーー、おもしろそうですね~。
M氏さんは普段お料理されないのですか?
前に一度餃子を作ってみえましたよね??

ともだちの旦那さんでめちゃくちゃお料理好きない人がいて、パスタとかも凝りまくりで、すっごいおいしそうなんですよーーーー!!!
そういうの聞くといいな~って思います。
作ってもらうとおいしいですよね♪
---------- sawara. URL│11/11. 12:05 [ Edit ] -----
  
料理に関する本を読んだのはいつのことやら。。。レシピを探すのは殆どインターネットになってしまう今日この頃です。読書の秋ならず食欲の秋なんですよねえ~私の場合。。。
---------- Kat. URL│11/12. 03:07 [ Edit ] -----
  やっぱりねぇ~
料理って毎日口にするものだし、実際何を口
に入れてるか分からない事だらけの最近の
食品環境でしょ?
昔の人は凄い知恵があったし、自然のまま
美味しいモノを作れたよね~
この本とても興味あるな~♪
---------- くろねこ. URL│11/12. 07:24 [ Edit ] -----
  
いつもレシピ本を買うときは写真があるか必ずチェックするんですが...
写真も詳しい説明もないのが逆にいいだなんて!なんだか面白そう!興味津々です!
---------- Homie. URL│11/12. 13:37 [ Edit ] -----
  *sawaraさん
私もこの本のことはずーっと知ってたんだけど、後回し、後回しになっていてやっと読んだの。
料理のおもしろさを再発見させてくれた気がしましたよ。オススメです♪
M氏は餃子専門です(^^;;。温めなおしたり、お皿に盛ったりはいつも手伝ってくれるけど、調理には手を出してくれません、、、。
そう、作ってもらうお料理って美味しいのよね~。
sawaraさんのお友達が羨ましい!! 
---------- チェリー. URL│11/12. 14:15 [ Edit ] -----
  *Katさん
そうね・・・レシピサイトもたくさんあるし、私もずいぶんお世話になってます♪ 便利な時代になったよね~。
それでも、こういう本を読むと読書&食欲の秋を一度に満喫した気分になれて、なかなかいいもんですよ(^^)。
---------- チェリー. URL│11/12. 14:20 [ Edit ] -----
  *くろねこちゃん
便利な調理器具やインスタント物、半調理済みの物もたくさんあって、その分、食材そのものの扱い方を知らなくてもある程度調理できるんだよね、今は。
昔は限られた食材をどう調理したら美味しくなるかってことに今以上に貪欲だったんじゃないかな~って思いました。
ちなみに長崎の「チャンポンと皿うどん」も載ってるよ(^^)。
---------- チェリー. URL│11/12. 14:36 [ Edit ] -----
  *Homieさん
私も意外でした! 写真がなくてもシッカリと目に浮かぶんですよ。味や香り、食感まで想像できちゃうんです。
さすが食通の文人。唸ってしまいました!
いつでもお貸ししますよ♪
---------- チェリー. URL│11/12. 14:42 [ Edit ] -----
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │11/12. 23:30 [ Edit ] -----
  面白そう~
この本は知りませんでした。。 壇ふみのお父さんですよね。
オットも東京では時々やっているみたいだけど、料理といえるかどうか?
お互い定年になったら、一緒に料理教室に通うって思ってるの。
そこまではオットもOK!
でも、それじゃ作ってみてね。と言ったら無言だった。。。^_^;
まずは一緒につくろうね♪から始めようっ!

で、この本、図書館で探してみようっと♪
---------- Yossy. URL│11/13. 12:24 [ Edit ] -----
  
<ただし、火宅の人になられると困るのだけれど>ははは、確かに。娘の壇ふみは「お嫁さんにしたい女優No1」なんて時代もありましたねえ。今、どうしているのでしょうか?私よりも年が上だったはずなので、そろそろ「おばあちゃんにしたい女優」のカテゴリーに入れられてるのかも…
---------- NOVA. URL│11/13. 17:13 [ Edit ] -----
  
家事全般・・・こなしております^^;
ん?いいのか??


面白そうな本ですね!

何気にM氏のデスクに置いてみては??
反応が見てみたいw
---------- ためちゃん. URL│11/13. 20:21 [ Edit ] -----
  *鍵コメさま
この本はまさに料理の本だけど、他の作家の小説やエッセイに出てくるお料理も写真やレシピがなくてもやっぱり美味しそうなんですよね。さすがプロの筆力にかかると写真以上に美味しさが伝わるものなのかも。

M氏の餃子、そういえばここしばらくお目見えしていません。厨房を乗っ取ってくれてもいいんだけどなぁ。
---------- チェリー. URL│11/14. 01:37 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
そうです、ふみさんのお父上~。
この本ってお酒好きな男性が喜びそうなメニューが多いから、Yossyさんのご主人も読んだら作ってみたくなるんじゃないかな?
お料理教室に一緒に通うっていうのはステキ♪
夫婦で楽しくキッチンに立つなんて夢だなぁ。
---------- チェリー. URL│11/14. 01:43 [ Edit ] -----
  *NOVAさん
檀ふみさん、相変わらず阿川さんとつるんでいらっしゃるようですよ。少し前にTVでお見受けしました。
連想ゲーム(でしたっけ?)の頃と雰囲気は全く変わっていませんでした。よいことなのか、どうなのか・・・(^^;;。
---------- チェリー. URL│11/14. 01:48 [ Edit ] -----
  *ためちゃん
あははっ! いいことですよ~♪
この本に「トンコツ」も載ってたんだよ。やっぱり焼酎と黒砂糖がポイントだって。
材料を揃えてトンコツから挑戦です(^^)。

M氏の反応かぁ・・・無反応のような気がするv-390
---------- チェリー. URL│11/14. 01:53 [ Edit ] -----
  
壇一雄さんてふみさんの・・・と思ったら、何人か既に書いてらっしゃいますね~。
壇何とかさんって女性で料理研究家の方もおられませんでした?
ウラ覚えですけど・・・
徹底した食道楽の人だったんでしょうね、壇一雄さんって。だからこそ自ら美味しいものも作れる・・・
皆が皆そうだとは限らないのが現実かも~?!
---------- 梓の小鳥. URL│11/14. 04:43 [ Edit ] -----
  今日ね♪
今日、健康診断に行った先に置かれていた『サライ』って言う
雑誌に『壇一雄 流 クッキング』と壇一雄さんの特集が載っていたの。
ちょうどチェリーさんちで知っていたから読んでみました。
彼の生い立ちから亡くなるまでのいろんな人生が書かれていて
その後、壇さんのクッキングが紹介されてました。
面白そうですね。この本。もっともっと読みたくなったわ(^^)
---------- Yossy. URL│11/14. 15:20 [ Edit ] -----
  *梓の小鳥さま
>壇何とかさんって女性で料理研究家
檀晴子さんですね(^^)。ふみさんのお兄さん(エッセイストの太郎さん)の奥サマで、著書に檀流クッキングの流れを汲むものがいくつかあるようです。

美味しい物を作ってくれる父親で羨ましいとも思いますが、ふみさんのエッセイなどを読んでいるとそれはそれで家庭内は大変なこともあったようで・・・(^^;;。
---------- チェリー. URL│11/15. 08:21 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
『サライ』って実は好きな雑誌の一つです!定期購読しようかと思ってるくらいなの。
こだわりの店や宿など、大人の楽しみを紹介してくれますよね~。
檀一雄の料理特集、おもしろそー。『檀流クッキング』は図書館にもあると思うから、チェックしてみてね♪
---------- チェリー. URL│11/15. 08:29 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/116-0f36dc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。