スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Smithsonian Institution
The Castle - Backyard
ただいま?♪』のエントリーで生花のクリスマスツリーと一緒に少しだけご紹介したSmithsonian Institution(スミソニアン協会)。
上の写真はThe Castle(キャッスル)の愛称で呼ばれていて協会の本部とインフォメーションセンターを兼ねた建物。

スミソニアン協会とは?

スミソニアン協会は、合計16の博物館と美術館、それに国立動物園からなる世界最大の博物館の集合体です。この協会は、1億4,200万点以上もの文化遺産や標本を所蔵し、これらを米国市民に向けて公開しています。また、研究機関としても知られるスミソニアン協会は、公共教育や公共サービスのほか、芸術・科学・歴史分野での奨学金制度など、様々な活動に専念しています。スミソニアン協会は、1846年にイギリス人科学者ジェームズ・スミソンが「知識の向上と普及」のために米国に寄贈した資金によって設立されました。
9つの博物館と美術館は、首都ワシントンのワシントン記念塔から国会議事堂にいたるモール地区に並んでいます。また、地下に建設された3階建の施設には、博物館2つのほか、インターナショナル・ギャラリーなどを含むS・ディロン・リプリー・センター、事務所、教室などがあります。その他5つの博物館と国立動物園はワシントン市内の別の場所にあり、また、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館、国立アメリカ・インディアン博物館はニューヨーク市に置かれています。

?スミソニアン協会のHPより抜粋?


スミソニアンが運営する博物館はほとんどが入館料無料! 歴史、アート、航空宇宙、自然・・・と分類されていて、常設展示の他に特別展も催されるので何度訪れても飽きのこないところです。

今回、私が訪れたスミソニアン博物館は4箇所だけ。今まで見学していない所ばかりを狙ったので、人気の高いNational Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館)もNational Museum of Natural History(国立自然史博物館)も省略。
じっくり見れば一か所当たり有に半日はかかってしまうくらい巨大で展示品の数も膨大な博物館揃いのため正味3日間では全部見るなんて芸当は最初から諦めています。

それでは、外観だけですがご覧くださ?い♪

  
Comment to this entry
  すごいね。
すごーーーい、、スケールが違うね。
ため息しか出てこないよ^_^;
こういうのをじかに見ることが出来るチェリーさんが
とっても羨ましいよ♪

私も国立肖像画美術館に行ってみたいっ!
すっごく面白そうだね。マイケルの肖像画もあるんだぁ~
馬車の配達車なんてロマンティックぅ~
---------- Yossy. URL│12/12. 14:09 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
もうね、歩き疲れました。
館内を歩くだけでも大変だから~。気になった絵の前ではベンチに座ってじっくり眺めたりしてたら1時間や2時間なんてあっという間なのよ。
Yossyさんもいつかアメリカ本土に上陸した時には、D.C.にも寄ってみてね。
そそ、肖像画のマイケルは今よりふっくらしてる時の顔ね! ヘップバーンやハンフリー・ボガートなんて懐かしい顔もあったよ。
---------- チェリー. URL│12/12. 14:29 [ Edit ] -----
  だから!
DCって好き♪いいよね~こんなにも色々な
ミュージアムがあって!
私はFreer Gallery of Artと他人気のミュージアム
いくつか行ったけど、短期間で全部を観るのは
なかなか難しかったわ~
又DCに行きたくなっちゃったよぉ!!!
---------- くろねこ. URL│12/12. 19:34 [ Edit ] -----
  こちらも素敵!
sawaraは郵便の博物館に行ってみたいです!楽しそう!
それにしても入場料無料だなんてすばらしい。ド高い日本の美術館や博物館に聞かせてやりたい。
スミソンさんは」どうしてアメリカに寄付したんでしょうか?子供がアメリカに渡ったとか?

あ、ゴロゴロまわってくるのは飲茶だったんですね!是非シカゴまで連れて行ってください☆わたしの食べっぷりを見て引かないでくださいね♪
---------- sawara. URL│12/12. 20:38 [ Edit ] -----
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │12/12. 21:51 [ Edit ] -----
  
こんな博物館が全部無料って、地元の子どもたちにとってすばらしいことですよね。アメリカの富を感じるわ(元はイギリス人のお金みたいですが)。方や北海道じゃ、借金まみれの夕張市で、税金で無理して作った石炭の歴史村博物館が閉鎖されたりして、文化の貧しさを感じるわよ。お寒い風が吹き抜けてます。
---------- washy. URL│12/13. 08:10 [ Edit ] -----
  
これがウワサのスミソニアンですね。雑誌でしか接していないスミソニアンですが、興味はあったものの、こうしてチェリーさんのエントリーを読んでますますひきつけたれました。これだけのためにDCにお出かけしたい私です。
---------- NOVA. URL│12/13. 15:39 [ Edit ] -----
  *くろねこちゃん
そうなの、そうなの!!!
スミソニアン’s以外もすごいもんね。
くろねこちゃんもフリーアのピーコック・ルーム見た?
ビックリする派手さだったけど、あれも息を飲んだわ~。
私も帰って来たところだけど、もう一度じっくり訪れたいよ♪
---------- チェリー. URL│12/14. 00:43 [ Edit ] -----
  *sawaraさん
郵便博物館はね、オススメ! アートって考えたり感じたりとただ見ているだけでも頭が疲れちゃうのよね(^^;;。だけどココはそういうこと抜きに純粋に『へ~』って見学できるところでした。
ん・・・、そうだよね。なんでアメリカに寄付してくれたんだろ? ヤンチャな弟(アメリカ)に「もうちょっと勉強も芸術も頑張れっ!」ってことだったりして?

飲茶、行こうね~! いつでも待ってますよ(^^)。
---------- チェリー. URL│12/14. 00:54 [ Edit ] -----
  *鍵コメさま
世界のお金持ちのすることって、理解できないわ(^^;;。
そのお陰で多くの人が素晴らしい機会を与えられているってことなんだけど。
鍵コメさまなら何週間滞在しても飽きることはないと思うよ~。住み着いちゃったりして・・・。
その時には鋭い嗅覚で美味しいお店も探してくださいね♪
---------- チェリー. URL│12/14. 01:02 [ Edit ] -----
  *washyさん
まさにwashyさんのおっしゃる通り!
私が訪れていた時にもフィールド・トリップっぽい集団や、博物館前に駐車されたスクールバス軍団をたくさん見かけました。幼稚園児くらいのグループも歩いてたもん。

そうそう、夕張市の財政破綻はN◯Kで見ました。でも夕張だけに限ったことでもなさそうよね・・・。
スミソニアン’sのすごいところって、専属の研究者や学芸員、アドミニ職員だけじゃなくて、一般市民が広くボランティアで運営に参加しているってこともあるの。アメリカの多くのところもそうなんだけど、入館料は無料だけどメンバーシップ制も導入してるからね。
貴重な財産をみんなで守っていこうっていう意識が強いんだろうね~。
---------- チェリー. URL│12/14. 01:10 [ Edit ] -----
  *NOVAさん
NOVAさんは絶対、虜になると思うなぁ。
来年にはD.C.に少しだけ近づけるし(!)、ぜひ機会を見つけて訪れてみてください。
すっごいライブラリー(http://www.loc.gov/)もありますからね♪
---------- チェリー. URL│12/14. 01:13 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/125-dbd5a9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。