スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴーヤの種を採りました
今年初めてゴーヤを育てました。
種まきが6月末と遅かったことと、私が住んでいる地域は8月に入った途端に雨や曇りの日が多くなってしまい、日照時間&温度(?)が不足気味だったこともあってゴーヤの成長もゆっくりでした。そして8月後半にようやく実を収穫出来るまでになりました。
が、それも束の間・・・今日の収穫で最後。

もうあんまり大きくならないみたいです。
というのも、「もう少し大きくなってから収穫しよう」と思っていたゴーヤが、大きくなったと同時に黄色く熟し始めてしまったんです。

こんなふうに・・・(^^;。
これは熟した状態だそうで、食べられないわけではないけれど、実が柔らかくなってきているので少し固めの食感が好きな私は残念ながら食べることは諦めて、来年用の種を採ることにしました。
黄色い状態をしばらく放っておくと、ゴーヤの横っ腹がパカッと裂けて・・・赤い種が見えてきます。裂け目が大きくなってくると、真っ赤なドロドロの皮(?)に包まれた種が土の上に落ちてきました。

それを拾って軽く水洗い。

(この時点ですでに赤い皮が剥けているものもありますが)軽く指でこすって皮部分を取り除くと・・・

種まきした時に見たゴーヤの種と同じものが出てきました!!
なんだか、可愛い~(^^)。

自家製ゴーヤを食べるのも嬉しかったけれど、こんなふうに種を採るのも、また嬉しいものですね。
黄色くなりかけたゴーヤがあと4つほどぶら下がっているので、この2倍は種が採れる予定。
これで来年のゴーヤ栽培も安泰かな!?

ちなみに、収穫した種は、このあと、しっかり乾燥させてから紙の袋などに入れて冷蔵庫で保存すれば3~4年はOKだそうです。



  
Comment to this entry
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/438-91c24a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。