スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラベンダーのバスボム
はじめに・・・石けんじゃないけど、お風呂つながりでSoap Makingカテゴリーに入れちゃいます(^^;。

-*-*-*-*-*-

息子のバスタイム用に市販の入浴剤以外に、手作りのバスボムを使うこともあります。
小振りなのであっという間にジュワジュワ~ッと溶けるし、白湯とは明らかに違ってお湯が柔らかくなるし、香りもいいし、ケアする私もリラックスできるのでいいんですよ~。

作り方(材料)はいくつかあるようですが、私はAll Aboutで紹介されている【簡単手作りバスボムで、ロハスなバスタイム】を参考に作っています。

●材料 : 重曹、クエン酸、コーンスターチ、水、精油、フードカラーリング剤など。

*写真には重曹とコーンスターチは写っていません(^^;。

粉類をまとめて、精油数滴(今回はラベンダーとローズマリーの精油を使用)、フードカラーリングを合わせると・・・

こうなります。淡いグリーンがきれい♪ 

このグリーンの粉に水を一滴ずつ落としては混ぜ、落としては混ぜ・・・の作業を、全体が湿り気を帯びてきて指先でギュッとつまむと固まるくらいになるまで続けます。
あれ? 淡いグリーンを期待してピスタッチオ・グリーンにしてみようとフードカラーリング剤の箱の裏に書いてあるレシピ通りに黄色1:緑4の割合で合わせたら・・・想像よりも派手なグリーンになっちゃっいました。ライム・グリーンの方が、希望の色に近かったのかも~。ま、今回はこれで良しと。

私はここでラベンダーのドライハーブを少し加えてから、粉を型に入れ、上からスプーンの背でギュッギュッと押し固めます。

この型は数年前にIKEAで買った製氷皿。たしか1ドルとか、とっても安いものでした。他にも数種類の型があった記憶が。


今回はAll Aboutに載っている基本の分量の3倍量で作って、この製氷皿にちょうどぴったり。お花12個分になりました。
製氷皿でなくても、おにぎりを作るようにラップでくるんでギュッギュと丸く固めてもコロコロの可愛いバスボムができます♪

ここまでできたらほぼ完成。半日~一日おいて、固まれば型から外して密閉容器などに入れて保存します。
私が作るサイズは小さいので、我が家のお風呂には一度に3個くらい入れます。
洗面器などで簡易フットバス(足湯?)を楽しむときには1個で十分。


セロファンの袋に入れてちょっとしたギフトにしたりもしています。その際には崩れ易いのでくれぐれも取り扱いにご注意を。

小さなお子さんやペットが間違って口に入れたりすることの無いように、保管には十分お気をつけ下さい。




  
Comment to this entry
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/459-a2c16908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。