スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Lakeshoreでクラフト体験~塗り絵と写真フレーム~
車で15分ほどのところに『Lakeshore Learning Store』がオープンしました。
このお店、全米・・・とまではいかないけれど、アメリカ各地に店舗もあり、ネット通販も行っていて、赤ちゃん~小学生とその親、教師を対象にした教育玩具や教材を扱うお店です。

この地域には『United Art and Education』という同じようなコンセプトのお店が元々あります。日本にはこの手のお店がないらしく、オットを訪ねて来られる日本の教育関係の方々(主に大学の教育学部教授)は皆さん、このお店を大層気に入られるとか。日本の学校の先生方、特に幼稚園や小学校の先生は教室の壁に貼ったり、授業で使う様々な表やイラスト、標語のポスター、時間割表に至まで手作りされるのがゴクゴク一般的。そして、いかに美しく、見やすいものにするかで、かなりのエネルギーと時間を費やされているとのこと。
たしかに、低学年の教室なんて本当に可愛く、子どもに分かり易いようにレイアウトされていたりしますよね。
これはこれで素晴らしいことだとは思うのですが、アメリカの学校では先生手作りの他に、こういうお店の市販品を有効に利用しているようです。
また、日本と較べるとアメリカはホームスクールや教会の日曜学校などが多いので、こういう教材屋さんがあると助かるんでしょうね。
・・・と、この種のお店の紹介はここまでに。

そのLakeshore Learning Storeの一角で、クラフト体験をさせてもらいました。
一つは塗り絵。

う~~ん、ダイナミック!
この塗り絵を見ただけではごく普通の色ペンで塗っているように見えるんだけど、実は、点描に適したペン【Dot Art Painters】を使っています。

子どもが力任せに点々を打ってもインクが飛び散らず、液漏れもしないというのが売りのこのペンですが、綺麗な点描で塗り絵を完成させるのは3歳児には無理のようでした(^^;。

もう一つのクラフトはフォトフレームの飾り付け。
*撮影のため、フレーム内には『アンパンマン』の絵はがきを置いています。

5 in x 7 inのフォーム素材のフレームに同素材の様々な形のステッカーを貼付けていきます。
見本ではフレームの色と違う色の飾りを貼ってカラフルに仕上げていたのですが、息子がやると・・・同色!! それはそれでオシャレ(?)な仕上がりになりました。
使わせてもらった材料は【Peel & Stick Collage Frames】。


このお店、毎週土曜日の11時~3時に子ども向けの無料クラフト体験できるコーナーをを設けてくれているので、お子様連れの方には土曜日がおすすめですよ~。
子どものクラフトを通して「こんな道具やテクニックがあるんだ!」と気付くことも結構あって、子ども用だからって侮れませんね!




  
Comment to this entry
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/468-69214086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。