スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試作中 ~ 2012 クリスマスカード
まだ9月だけど・・・家にある道具と材料で簡単にできるクリスマスカードを思いついて、試作してみました。
クリスマスのカードって、とにかく枚数が必要になるので、パンチはかなり使える相棒になります!
そんなパンチを多用した試作カードがコチラ。
CIMG4048.jpg
白いシンプルなカードです。(後ろのえんじ色も同じパターンの試作途中品(^^;)

使ったパンチは下の3種類。
CIMG4046.jpg
・Deep Edge Punch【Gifts】
・Medium Double Punch【Aspen Ornament】
・Edger Punch【Threader】

上の方から説明すると・・・
CIMG4051.jpg
グリッターペーパーをオーナメント・パンチで抜いたものをグルードッツを使って一部だけ貼付けました。カードベースに施したドライエンボス【Polka Dots】がいい感じに立体にさせてくれてるような・・・。
オーナメントを吊るしているのは銀糸・・・の予定が、手持ちの糸が上手くまとまらなかったのでグレーのジェルペンで線を引きました(^^;。

次に下の方。センチメントの横に上のオーナメント・パンチで一緒に抜けた雪の結晶を利用して、少し華やかに。
CIMG4050.jpg
センチメントのインクはオーナメント(雪の結晶)の色に合わせて、全体的に白xライムグリーンにまとめてみました。

さて、このカード、4.25"x4.25"の小さめなカードなんですが、カードベースとギフトの部分が実は一枚続きなんですよ〜。
カードベースの上に、パンチした別のカードストックを重ね張りすることもできるんですが、今回はこのパンチの特性を活かしてみました。
この写真で一目瞭然かな?
USレターサイズのカードストックを縦半分に切った4.25"x11"の紙を、横長に置き4.25"と8.5"のところにスコアを引いて、それぞれ山折、谷折りに折ってます。
CIMG4044.jpg
この状態で、ギフトパンチした部分とPolka Dotsでドライエンボスした部分を両面テープや糊で張り合せてもよかったんだけど、ここにスレッダー・パンチで2枚分を一度に開けた穴にリボンを通して固定しました。リボンのおかげでちょっと賑やかになったし一石二鳥です♪


カードの大きさやカードベースをはじめとしてそれぞれのパーツの色を変えるだけで、きっと雰囲気も変わるだろうし、なかなか使えそうなデザインかも〜〜!
パンチを変えればハロウィン用にも出来ますよね? あ、それもやってみよーーー。
では、次回の更新ではハロウィンカード再登場かな!?



  
Comment to this entry
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/531-bda70943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。