スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋の味覚、栗の渋皮煮!
友人から栗をいただきました、ありがと〜♪ ただし、生栗!!
栗拾いしたものの、処理が面倒になってしまったらしい彼女(^^;。彼女らしい・・・。

折角の栗なので『栗の渋皮煮』を作ることにしました。
毎年使っていたレシピが見当たらないため、今年は『Cpicon 栗の渋皮煮 by ムー君』のレシピをお借りしています。

第一関門の鬼皮を剥き終わった栗。渋皮が剥けてしまったものもあるけれど、約500gの栗〜〜〜ふぅ。

これをコトコトと20分ずつ3回、灰汁を取りながら煮ていき、渋皮の渋みと灰汁が取れて、栗自体も柔らかくなれば、砂糖+水のシロップで甘く仕上げていきます。
甘み付けの砂糖は多良間産の黒糖とケーンシュガーを半量ずつ使ってみました。

一晩寝かして、しっかり味を含んでいるはず・・・。
CIMG4207.jpg

最後に煮詰めたシロップに浸して、ツヤツヤの渋皮煮の完成です!
CIMG4210.jpg
黒糖のおかげか、甘さがキツすぎずに、栗自体の甘さも感じられる、美味しい渋皮煮になった気がします〜♪
黒糖と栗の贈り主サマ、明日にでも渋皮煮をお持ちしますからお試し下さいね。

コチラ(↓)は残念ながら、渋皮が破れてポロポロになってしまった栗たち・・・。
CIMG4208.jpg
形は悪いけれど味は同じ。 無駄にすること無く、美味しく頂きまーす(^^)。


  
Comment to this entry
  美しい
美しい仕上がりです!
栗の皮むきなんて、未経験の領域です。。。
---------- rosette. URL│11/01. 00:05 [ Edit ] -----
  *rosetteさん
生栗の鬼皮剥き、手は痛いし、肩も凝るんですが、意外と楽しいんですよ。無心になれる言うか・・・(^^;。
茹でて味を加える前には、筋を取る作業もあるんですが、これもまた爪楊枝片手に楽しめます!
---------- チェリー. URL│11/01. 10:11 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/539-6f21453e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。