スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


食わず嫌い、読まず嫌い
この週末は天気もよかったのに外出もさほどせず、読書に明け暮れていました。
週末だし(??)主婦業も休み?♪♪
心地よく室内に入ってくる風を受けながら至福の時間です。

  
Comment to this entry
  こんにちは
私も林真理子さんの本はあまり読まなかったけど少し前に
続けて図書館で借りて読んだのね。
で、最初は面白かったけど、2.3冊で飽きました^_^;
特にエッセイは同じことばかりで、もう読まないかな?って感じです。
つまりは私好みではなかったということなんだけどね。

私も本は買わないね。図書館only。
だから新しい流行の本はなかなか読めない^_^;

そそ、内館牧子さんのエッセイはよく読んだなぁ~
彼女のもエッセイはどうしても似たものになってくるけど、でも
この人のはほとんど読んでる。似ているようで違うのよね。(^^)
---------- Yossy. URL│07/24. 12:35 [ Edit ] -----
  
林真理子さんのは、むかーし、高校生のころに「不機嫌な果実」のドラマを見て、原作を読もうと思って買ったことくらいしかないですねぇ。でもハルキさんは10年以上ファンなので、先日旅行に行った際にも一冊調達してきました。同じ村上でもリュウさんはちょっと読んでて苦しくなっちゃうんですけれど。喫茶店のマウンテンといえば、抹茶スパゲッティでしたっけ・・・親戚が名古屋にいるので笑いのネタに聞いたことはありますが、どんなお味なのやら。

全然こちらの図書館事情に明るくないのですが、普通の図書館で日本語書籍ってあるんでしょうか。
---------- Penguin. URL│07/24. 19:32 [ Edit ] -----
  
わたしも林真理子全然好きじゃないです。ananの巻末にエッセイがのっているんですけれど、Yossyさんがおっしゃるとおり本当にネタがいつも同じなんですよ~(ファンの方がいたらごめんなさい。わたしがたんに好きじゃないだけなんですけれど^^;)。
一方でわたしは春樹アディクトです!村上さんのエッセイはアメリカものもあるので(ちょっと古いですが)チェリーさん読まれたらクスッと笑えると思います。お試しください!
「うずまき猫のみつけかた」というのと、「やがて哀しき外国語」っていう2冊がアメリカに関するエッセイです。「うずまき~」のほうがどちらかというとのんびりした感じだと思います。
わ~~~!長くなってしかも押しつけがましくてごめんなさい!村上春樹大好きなんです~~~^^;;(汗)
---------- sawara. URL│07/24. 20:10 [ Edit ] -----
  私も。。。。
私も林真理子さんの本は読んだことがないです。微妙に読まず嫌いの気があります(笑)
でも村上春樹は大学に入って、とっても大先輩にあたることもあり、その時点で世に出ているものは全て読みました。でも、個人的には初期の作品がオススメです。後半になればなるほどなんだか展開が読めるようになってしまって。。。
なので、個人的なオススメは初期の小説です!!またお時間のあるときにでも読んでみてください☆
---------- mikiko. URL│07/24. 23:21 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
まだエッセイ1冊、小説1冊しか読んでないけど同じことばかりって、なんとなく分かる気がします。あと何冊か読むと私も飽きるかな、どうだろ~?
少し前に話題になった篠原涼子主演のドラマ「Anego」、原作って林真理子なんだよね。今週から日本語放送で始まるの。これは楽しみにしてるんだぁ~♪

内館牧子さんのエッセイも手をつけたことがないから、図書館にあったら借りてみるね。
---------- チェリー. URL│07/24. 23:21 [ Edit ] -----
  *Penguinさん
「不機嫌な果実」、私も見ました!と思ったら、「不機嫌なジーン」の勘違いでした。
石田ゆり子さん主演でしたっけ?

村上春樹さんの本は英訳本もかなりでてますよね。私にしたら日本語でも難解そう(あくまでもイメージですが)なので英語でなんて考えられないけれど、それだけファンも多いってことなんでしょうね~。
そうそう!! 小倉抹茶スパと30cmカキ氷の「マウンテン」です。ご親戚の方の反応はいかがでしたか?

ところで、日本語書籍はカーメルのパブリックライブラリーには少しですがあります。日本人からの置き土産(?)だろうなぁと思われるような蔵書ですが。ちなみに今回の本はIUCATを利用して借りました。
---------- チェリー. URL│07/24. 23:36 [ Edit ] -----
  *sawaraさん
なんか、今のところココでの林真理子エッセイは不人気ですね。あのキャラもちょっとね・・・。
そのかわり、村上春樹さんがオモシロそうって思えるようになっただけでもこのブログ記事を書いた甲斐がありました。
sawaraさんお奨めの2冊、早速あるかどうか検索してみます。
ありがと~♪
---------- チェリー. URL│07/24. 23:43 [ Edit ] -----
  *mikikoさん
あらら、mikikoさんも読まず嫌いですか。
こんなに知名度は高いのにね~。
林真理子ファンと村上春樹ファンの層が全く対極にあるってことかしら。うん、たしかに相容れない部分がありそう・・・。

なんか”同窓”というだけで気になりますよね。村上春樹さんと同じ大学なら、もう読みきれないくらい先輩方(後輩も?)の書かれた本がありますね。小川洋子さんも同じだったような??
多分、図書館には最新刊はないけれど、初期のころの作品なら見つけられそうです。
まずは「ノルウェーの森」の読み直しからかな。
---------- チェリー. URL│07/25. 00:04 [ Edit ] -----
  
紹介してくださってありがとう。自分で手を伸ばさないでいると一生読まないかもしれない本を何かのきっかけで読むことができたのは、とてもラッキーなことだったと思いません?村上春樹は大好きで、かなり読みましたが、最初の1冊は「1973年のピンボール」でした。彼の本はウチの図書館でも注文してるんで、高校生たちがどんな反応を示すのか楽しみです。
---------- NOVA. URL│07/25. 11:02 [ Edit ] -----
  *NOVAさん
こちらこそ、きっかけを与えて下さってありがとうございました。
そうなんですよね、好きなジャンル、作家って段々と偏ってきて、特に海外だと買うにしても値段が高くアレコレ試しに買ってみるということもできず。
今回は図書館で借りることができたので、テキトウに選ぶこともできました。そして、今日また、村上春樹を新旧取り混ぜて5冊オーダーしました♪
アメリカの高校生から村上春樹の感想を聞くって、なかなかオツですね。感想が聞けたら、またお話をシェアして下さい(^^)。
---------- チェリー. URL│07/25. 11:25 [ Edit ] -----
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │07/26. 07:20 [ Edit ] -----
  *鍵コメさま
「やがて哀しき外国語」は図書館にあったので、早速オーダーしたんですよ~。かなり楽しみになってきました。
で、「レキシントンの幽霊」は次回、頼んでみます!
こんなふうに具体的におすすめ本を教えていただけると検索もしやすくて助かります♪ ありがとう(^^)。
---------- チェリー. URL│07/27. 06:46 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/57-7ce4ec6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。