スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


床屋の洗髪
先日『食わず嫌い、読まず嫌い 』を書いたところ、コメントやメールにて村上春樹のおすすめ本を何冊か教えていただきました。
そこで早速『やがて哀しき外国語』を借りて読んでみました(またしても小説じゃなくてエッセイだし・・・(^^;;)。

これは村上春樹氏がニュージャージー州のプリンストン大学に招かれて滞在中の1991年からの約2年半のアメリカ生活での諸々を綴ったエッセイ。
その中で書かれていた床屋についてのエピソードの中に非常に興味深い一文が。

・・・だいたい頭を後ろにそらせて髪を洗うなんていうことは、人間性に対する大いなる侮辱であるように僕は感じていた・・・(「やがて哀しき外国語」より)

ここを読んでいて私の頭の中はハテナだらけに。
村上氏の言う『頭を後ろにそらせて髪を洗う』というのは、私自身はごくごく当たり前に受け入れていて、それどころか気持ちいい♪とさえ思っている、美容院での洗髪の姿勢のことよね?
床屋ではこれ以外に何か違う方法でもあるの??

ここで我が家のオトコ代表(って一人しかいないけど)のM氏に聞いてみたところ、床屋で洗髪をしてもらうときは鏡の下から引き出し式の洗面台(?)が出てきて、そこに顔面を下にした格好で洗ってもらう・・・とのこと。
要するに、椅子に腰掛けた状態ではあるけれど自宅の洗面台で朝シャンをする時と同じような姿勢で髪を洗ってもらうんだとか。

へぇ????!!!!

知らなかった・・・。
『お椅子、倒しますね。』という声とともに、後ろに倒れていくあの美容院式の洗髪方法に何の疑いも抱いていなかった私にとっては、かなりすごい事実発覚。
床屋さんでは前倒し式が一般的なんですね?

女性の長めの髪の毛でもこの方法でやってくれるのかな?
アメリカでもBarber shopだとこの方法なのかな?
気になる???っ。

やがて哀しき外国語 やがて哀しき外国語
村上 春樹 (1994/02)
講談社

この商品の詳細を見る



  
Comment to this entry
  
いつもお世話になっている理髪店は、男性はマスターだけで店員さんは女性の理容師さん。
女性のお客さん(若い10~20代もいるよ)も多いです。
たぶん理容師資格だと顔剃りしてくれるからかもね。
そこのお店では男性は前に頭を倒して、女性は椅子を180度向きを変えて後ろに倒してくれますよ!
---------- ためちゃん. URL│08/02. 00:50 [ Edit ] -----
  
やがて哀しき、はかなり長い間愛読書になっています。アメリカ来て書いてあることがよく分かるようにもなったし。

ハルキストを自称するにはまだまだ修行が足りないのですが、どうもエッセイ方面はどんどん読み進んでしまう・・・しかし「世界の終わり」や「ねじ巻き鳥」が読み終われない私なのです、いつも途中で苦しくなってv-39
---------- Penguin. URL│08/02. 06:01 [ Edit ] -----
  こんにちは
メールありがとう~すごく楽しみにしています♪

村上春樹さんの本。私、読んだことなかったの。
でもこちらでかなり興味がでてきたので、この日曜日に図書館に行って
本を借りてこようっと♪お勧めは??エッセイ?

私も子供の頃は床屋で大きくなってから美容院だけど、
床屋では髪の毛を洗った貰ったことないし、美容院では最初から
頭を後ろにそらしていたしね。
そそ、昔はそらした後、水がかからないようにタオルを顔にかけていたけど
今私が行っている美容院は、前ほど体勢を倒さない構造になっていて
だからタオルをかけるのがなくなったよ。
前からこの顔にタオルをかけられるのって少し抵抗があったからホッとしてる^_^;
だってねぇ~白いタオルだったら、、想像しない?^_^;
---------- Yossy. URL│08/02. 12:51 [ Edit ] -----
  
ええっ、そうだったのか…前倒式とは知らなかった。うちの夫は美容院式を知っているのであろうか。確かめてみようっと。
---------- Washy. URL│08/02. 13:16 [ Edit ] -----
  
面白い記事ですね
うちの旦那様は私がカットしているので、生の情報を聞けないのだけど。M氏の話によると男性は洗髪の後は顔もビショビショ状態v-362で、前屈とはどうも苦しそう。。。。お腹に余分な物を一杯備えてらっしゃる方なんぞどんでもないことなのではv-404
ふぅ~ん、なんとも思わずされたり、してる事もこやって見つめ直してみると面白いね。
---------- Kalaka. URL│08/02. 16:07 [ Edit ] -----
  わ~い♪
チェリーさんもう読まれたんですね!
うれしい♪
わたしも小さい時は近所の床屋さんで切ってもらっていました。なので前倒し方式経験者です^^。でも美容室の洗髪ってなんであんなに気持ち良いんですかね~(ウットリ)!涎とかでそうになるんですけれど。。。
村上さんは猫中毒なので、他のエッセイも楽しめると思いますよ!うずまき猫もアメリカ滞在エッセイですけれど、もっとカジュアルでネコ露出が多いです☆
---------- sawara. URL│08/02. 19:14 [ Edit ] -----
  
頭を後ろにそらせて髪を洗うことを知った時、自宅でどうやって自分で洗っているのだろう?と疑問に思ってました。
女性は身体が柔らかいから、イナバウアっぽくやってるのかも、って…。

ところで、最近は家計節約のため、シャンプーしてくれる床屋さんには行きません。
10分でカットしてくれて、1,000円。時間の節約にもなります…。
---------- meow. URL│08/03. 00:33 [ Edit ] -----
  *ためちゃん
理髪店でも女性は前倒し式じゃないんだぁ。
でも椅子を回転させるって、なるほどね! イメージがつかめてきました。ありがとう。
そうそう、美容師免許だと顔に刃物を当てることはできないって聞いたことがあります。丁寧なひげ剃りや産毛剃りをしてもらえる理髪店、気持ちよさそうですね~。
---------- チェリー. URL│08/03. 05:52 [ Edit ] -----
  *Penguinさん
あの内容って10年以上前なのに、現在のアメリカの様子とほとんど違和感ないですよね。特にカレッジタウン独特の妙な秩序とか・・・。面白く読めた一冊でした。
今は『東京奇憚集』を読んでいます。Penguinさんが苦しくなるという小説にも引き込まれてしまいそうな予感がしています。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:05 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
お楽しみに~!なんだけど、ちょっと時期外れでゴメンネ。来春のお楽しみになっちゃうかも・・・。

村上春樹の作品はまだ全体像がつかめていなくて、おすすめを上げるほど知らないんだけど、エッセイから入った方が馴染みやすいんじゃないかなぁ。それで文章が気に入れば小説に入ってみるのも面白いと思うよ。彼の本は図書館にズラリと並んでいそうだし、チェックしてみて♪

洗髪の時のタオル、そう言われれば不気味な光景に思えてきたわ。日本で私が行っていた美容室ではタオルをクルンと輪にして目、鼻、口のあたりにはかからないようにしてくれていた気がするけど。
あのしっかり倒れるリクライニングって身体とシートがすっぽりマッチする体勢に微調整が必要なのよね(^^;;。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:16 [ Edit ] -----
  *Washyさん
そっかぁ。私とは反対に、床屋さんオンリーの男性はあの美容院式を知らないかもしれないのよね。
ぜひDocさんに聞いてみてください。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:19 [ Edit ] -----
  *Kalakaさん
>洗髪の後は顔もビショビショ状態?
そうそう、その辺のこともM氏に問いただしてみたところ、それほどビショビショにはならないんだって。お腹のお肉も昔は気にならなかったって。アメリカでカットに行ってるお店はユニ・セックスの安いところだから現在の体型では苦しくなったりして~(^^;;。

それよりも! Kalakaさんがご主人のヘアカットをしてるなんて、器用~♪ 私も「やろっか?」って聞くんだけど、即答で断られます。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:26 [ Edit ] -----
  *sawaraさん
紹介してくださってありがとう♪ 『同じこと思ってたよ~!』っていうような内容もあったりして、とても面白く、あっという間に読み終えてしまいました。まだまだ村上春樹シリーズ、読み続けそうです・・・。

前倒し式は子ども&男性専用なのかしら~。お化粧をしたり、長髪だったりする女性には不向きなのかもしれませんね。
私も洗髪中に何度も眠りに落ちたことがあります・・・。シャンプー&トリートメントなんてコースをやってもらう時にはほぼ確実に。あれが気持ちよくて旅行中のホテルのサロンでシャンプー&ブローだけをやってもらうこともあるくらい大好き♪
でも、、、涎は流していないと思いたい(^^;;。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:36 [ Edit ] -----
  *meowさん
そう言われてみると、前倒し式は普段の自分でする洗髪とほぼ同じことなんですよね。
家ではいつも無意識に下を向いていたので、こんな体勢で髪を洗うことを考えたことも無かったですが、今晩の洗髪を試しにイナバウアっぽくやってみます!

10分で1000円、たしかうちのオットもそういうチェーン店でカットしてきますよ。ただし日本と違うところは、カット後は耳の中や服が毛だらけ! 帰ってきたらバスルームに直行です。
---------- チェリー. URL│08/03. 06:49 [ Edit ] -----
  あのね。
今日、この本を借りてきたよ♪
読むのが楽しみだわぁ~(^^ゞ
---------- Yossy. URL│08/03. 13:33 [ Edit ] -----
  *Yossyさん
早速のチョイス、ありがとう♪
アメリカネタなので、ちょっぴり海外暮らしの雰囲気が楽しめるかもよ~。
---------- チェリー. URL│08/04. 03:04 [ Edit ] -----
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │08/04. 22:10 [ Edit ] -----
  *鍵コメさま
この本を読んでいなかったら、もしかしたら一生この事実を知らずに過ごしていたかもしれません(ま、知らなくても何の問題も無いんだけど・・・)。
読書って読んで何かを感じたりすることのほかにも、内容とは特に関係ない部分で興味が湧いたりしますよね。
『讃岐うどんツアー』を組んじゃう鍵コメさんの気持ちもよ~く分かります♪
時代小説を読むと、必ず太秦に行きたくなる私ですから~。そのへんのガイドブックよりも小説やエッセイの方が町や食べ物が生き生きと伝わってきます(^^)。
---------- チェリー. URL│08/05. 04:14 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/64-df4e6643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。