スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Indy Irish Festの前に...
少し前のことになりますがアイルランドを旅行していた友達からポストカードが届きました。
ポストカード
朝もやのかかった草原にいる顔の黒い羊たち。これに激しく興味をかき立てられ、にわかにアイルランドに惹かれた私。
旅を終えた彼女から旅行中の写真もたくさん見せてもらって、ますます興味津々!

アイルランドとスコットランドの区別さえ怪しい私は、アイルランドといえば聖パトリック、緑、シャムロック、アイリッシュパブ・・・スカーレット・オハラ?? こんなイメージしか湧かないのだけれど、偶然にもタイトルだけで選んでいつもの図書館から取り寄せた本がアイルランドがらみでした。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら もし僕らのことばがウィスキーであったなら
村上 春樹 (2002/10)
新潮社

この商品の詳細を見る


これは村上氏がウィスキーの故郷を訪ねスコットランド→アイルランドを旅した時の話が写真とともに収められていて最初から最後までウィスキー話を中心にアイルランド人気質にも触れている紀行文。
お酒を飲まない私でもシングル・モルトとやらをアイルランドのタップウォーター(水道水)で割ってチビリチビリと喉を潤し、アイルランド人の気の利いた会話に耳を傾けつつアイリッシュパブで過ごすひと時も想像したりして・・・結構、渋いオトナな感じの妄想(?)に取り付かれた読後感。

それからもう一つがこちら。これは思いっきりアイルランドを意識して借りた本ですが・・・。

街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1
司馬 遼太郎 (1993/06)
朝日新聞

この商品の詳細を見る


こちらはまだ読み始めたところで、司馬先生いまだアイルランドに上陸せずイギリス国内を移動中・・・。というわけで、アイルランドの魅力の核心まで読み進んでいません(^^;;。


さてさて、今日から3日間インディアナポリスで11th Annual Indy Irish Festが開かれています。
ここのところアイルランド付いている(?)こともあって、初日の今日早速行ってきました♪
そのIrish Festの様子は次のエントリーにて....。

  
Comment to this entry
  アイルランド
いいですね~。
わたしは大学時代の先生がアイリッシュ系のアメリカ人だったので、アイルランド文学を1年間学びました。(ってでっかい声で言えるほど学んでないですが^^;;)なのでわたしがいたゼミの人達はアイルランド好きになった人多数でした。
いろいろ複雑そうな国ですけれどね。
でもいつかきっと行ってみたい!
村上さんのその本わたしも大好きです。わたしはお酒も好きなのでお酒はもちろんのこと、最後の方の朝ご飯がおいしそうでたまりませんでした~!
Irish Festのレポート楽しみにしています♪
---------- sawara. URL│09/16. 16:34 [ Edit ] -----
  旅したいよね~~♪
こういう本読んで妄想しちゃうのって分かるよ!
旅好きな私も結構そうだったりする!
アイルランドは私よりもDちゃんが興味ある所で
あの自然を自分の目で見たいな~って言ってたよ!
そうか?フェスティバルがあるのね?
次のエントリー楽しみ♪
---------- くろねこ. URL│09/16. 17:24 [ Edit ] -----
  *sawaraさん
バーナード・ショー、スウィフト、オスカー・ワイルド・・・読んだことはなくても名前を聞けばピンと来る有名作家も多いですよね。アイルランド文学はイギリス文学とも比較されますがカトリックの色あいが強いんでしょうか(なんとなく、そんな気が・・・)。
イギリスには行ってもアイルランドまで足をのばすという考えが今までなかったのですが、私もいつか行ってみたいです。sawaraさんもアイルランド文学の聖地を(いや、パブ巡りに?)訪れることができるといいですね♪
---------- チェリー. URL│09/17. 11:28 [ Edit ] -----
  *くろねこちゃん
本とかテレビとか見てると行きたくなるよね。
魅力的に描かれてるから、実際に見てみたいって。
もう、行きたいところだらけになって困る~(^^;;。
アイルランドって実は隠れファン(?)が多いのかしら。くろねこちゃんもDちゃんと一緒に行ける日が来るといいね。
---------- チェリー. URL│09/17. 11:37 [ Edit ] -----
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │09/19. 12:51 [ Edit ] -----
  *鍵コメさま
羊くんのハガキ、ここで登場させていただきました♪
愛蘭土紀行はガイドブックにはならないけれど、歴史や文学などの深いところを押さえている興味深い本ですよ。
オススメします!
---------- チェリー. URL│09/21. 02:21 [ Edit ] -----
コメントする











       
トラックバック
トラックバックURL
→http://simpleinliving.blog66.fc2.com/tb.php/82-10cb6723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。