スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆キャラメルソース☆使いの焼き菓子
生クリームたっぷりのキャラメルソースは冬の焼き菓子にはとっても重宝。
なんとな?く、キャラメルが入ってると”冬な感じ”がしませんか?

砂糖と水で作ったカラメルを生クリームでのばして作るキャラメルソース・・・悪の塊のようなシロモノだけど、これを加えるだけでちょっとほろ苦い大人な味(?)の焼き菓子が出来るので、生クリームが残った時にでも作り置きしておくと何かと便利。


そのキャラメルソースを使って、先週末に友人宅でのお持たせ用に作ったのがこのマドレーヌ。
キャラメル・マドレーヌ-1


12個焼けるマドレーヌ型に入り切らず、中途半端に余った生地はミニ・マフィン型で一口サイズにして、こちらはM氏用。
キャラメル・マドレーヌ-2

りんごのガレット
Daylight Saving Time(いわゆる夏時間)も終わり、我が家地方もいよいよ秋が深まってまいりました
先週末には友達とランチ&買い物に行って、ブーツやストールも購入し私の秋冬準備も着々と進んでます。皆さんの冬支度も進んでますか?

そして秋といえば、焼き菓子!! ←秋じゃなくても焼き菓子食べてる気がするけど・・・私?
特にりんごを使ったお菓子が恋しくなる季節です!!!
今日は、焼き菓子にするには勿体ないかなぁ?と思うほどに蜜がしっかり入ったHoney Crisp(ハニー・クリスプ)を使って、りんごのガレットを焼きました♪
Apple Galette
薄いパイ生地の上にスライスしたりんご(+砂糖+バター)をのせて焼くだけのシンプルなお菓子。
今回はちょっぴり可愛らしく(?)真ん中を丸く抜いてドーナツ型にしてみました。
パイ生地のサクッとした食感に、焼きりんごの相性がステキ??ッ。少し焦げたところも香ばしくて美味しいんですよ(^^)v。
アップル・パイやアップル・ターンオーバーほどの重量感はなくて食べ易い分、指でつまんでヒョイッと口に運んでしまえるのが少々難点・・・。
一気にガレット一枚分だって食べられそうだわ

Torta all'ananas
昨日までLabor Dayの祝日&週末で4連休だった我が家。
しかし9月に入って涼しくなってきた途端に私のアレルギー症状が?。鼻水とクシャミが止まらず頭はボーッと(いつものこと?)するわで、ゴロゴロしている間に連休も終わってしまいました。
アメリカにお住まいの皆さんは、この夏最後の3連休を楽しまれましたか?

さてさて、ちょっと前からパイナップルケーキが食べたかった私。
アメリカにはPineappele Upside Down Cakeという”おふくろの味”的なケーキがあります。
Pineapple Upside Down Cake Panこのケーキ専用の型(←)まで売られているほど、メジャーな焼き菓子でブラウンシュガーたっぷりのそれはそれは甘いケーキ。
さすがの私でもこれを家で作るようになったらヤバイってことくらいは分かってます!
ということで、これ以外のパイナップルケーキのレシピを求めてネット徘徊すること数日。

灯台もと暗し!? 毎週の更新を楽しみにしているエッセイスト、タカコさんのサイトのレシピコーナーにあるじゃないですかっ♪
で、M氏も連休明けで仕事に行き、私のアレルギーも少しラクになった今日、タカコさんレシピのパイナップルケーキ、いえいえ、Torta all'ananas(読み方:とるた あっらななす)を焼いてみました。

凸凹マフィン2種
今週からM氏の仕事が本格的に始まって、やっと(!)出勤してくれるようになりました。
今秋は午後からの勤務がほとんどなので、家でブランチを食べてから出かけるのだけれど夕方帰宅するまでにはやっぱりお腹が空くらしい。
そこでM氏のおやつ用に今週焼いたマフィンがこちらの2種類。焼き上がりが凸凹なのはご愛嬌ってことで・・・。

■シリアル入りマフィン■
マフィン1
以前作ったRaisin Bran Muffinsのレシピを使って、入っているシリアルは我が家では著しく不評だったものを投入。このシリアル、嫌々ながら食べていたけれど、なかなか減らなくて困ってたんです?。
マフィンに入れれば不味さも気にならなくなるかも?と、実験!
うん・・・たしかにシリアル+牛乳だけで食べるよりも断然食べやすいけど、正直に言うと「あまりいただけない」。
そうでなくてもこのレシピで作るマフィンは味が薄いのに、それに加えてパサパサっぽい焼き上がりで食べてると口の中がモソモソしてくる感じ(^^;;。
レーズンブランじゃなくてもシリアル系なら代用できるはず・・・と読んだ私の間違いでした。
ブログにアップしたものの、これ確実に失敗作なので皆さんは決して真似しないで下さいね?。
でも、焼いた分はきっちりM氏に食べていただきました・・・鬼ヨメだ

続いて今週のもう一種類はこちら(↓)。

かすていら
夏の間はツルンと喉越しの良いスイーツが食べたくなるものですが、この真夏日に敢えて(?)焼き菓子!
バターも植物性オイルもゼロのかすていらです♪ しかし大量の砂糖入り
なんだか懐かしいでしょ?? 「かすていら」って響きが・・・。

かすていら

インターネット様々でカステラのレシピを公開してくださっている個人の方もたくさんいて、どなたのレシピを拝借しようかと悩むほど。
その中から私が選んだのは以前にも利用させてもらったことのあるOrangeGateさんのカステラ・レシピ。卵、砂糖、強力粉、ハチミツと牛乳だけで作れるので、特別な材料を買いに行く手間もなし。
それにね、カステラ用の型も新聞紙(7枚重ね!)を折ったり切ったりして作ったのを使うっていうアイデアもの!!
市販の金属製の型に較べると新聞紙製のほうがオーブンの熱の伝わり方がカステラ生地に優しいみたい。

一所懸命泡立てた(ハンドミキサー使用だけど?)卵のお陰でフッワフワ、一晩寝かせてシットリのカステラに仕上がりました♪
パウンドケーキやスポンジケーキとは違う、カステラ独特の風味と甘さ。
表面の焼き色の付いた部分のほろ苦さもまた何とも言えず美味しいんですよね??。
焼き菓子禁止令を出していた我が家なのに、これでまた火がついちゃったかも

Happy V. Day!
今日は雪も止んで青空が戻ってきました。
が、M氏は残念ながら今日も休み。先週末から7連休なんですけど
まぁね?、このカチンコチンの道を通勤されても心配だし、今日はバレンタイン・デーだし、大目にみましょうかね。


さてさて、そのバレンタイン・デーに愛を込めて(???)チョコレートケーキの登場です。
ショコラ・シュプリーズ
見た目も作り方もシンプル極まりないケーキなのだけれど、チョコレート入りでしっとりしたスポンジ生地とメレンゲのサクサクした食感がたまらなく美味しいショコラ・シュプリーズ。そこにクルミを加えてもう一つの食感もプラスして焼いてみました♪
下のほうにクルミが偏っているようですが、お気になさらずに

もう何年もバレンタイン・デーの我が家の定番になっているチョコレートケーキがこれ。
飾りの粉砂糖をハート形にでもすればバレンタインっぽくなるんだろうけど、そんな事はお構い無し。なんせ色気より喰い気ですから(^^;;。
今回はセミスィートのチョコとラム酒で、いつもよりはオトナな味に。
しかし、そんな違いにも肝心のM氏は気付いていないみたいだけどね・・・。

   Happy Valentine's Day! 

Raisin Bran Muffins
封を開けたまま、なかなか減らないシリアル(コーンフレーク、ハチミツ入りグラノーラのかけらとクランチ・アーモンドが入ったもの)消費のため、レーズンも入れてマフィンを焼きました。
Raisin Bran Muffins

シリアルと全粒粉のおかげで食べごたえのあるマフィン。噛めば噛むほど深い味が広がって、これ一個で十分お腹いっぱいになれるしダイエット中の身としては嬉しい限り。えっ、ダイエット中でしたか・・・私??

全粒粉と小麦粉が半々、砂糖もオイルも少なめ(バター無し)。少しばかりヘルシーなマフィンです。
この調子で(???)ガンバレ、減量! ← 減量って響きが生々しいんですけど?(^^;;。


*このマフィンはEVERYDAY FOODの1月号に載っているレシピを参考に作りました。ウェブサイトにも写真入りのレシピがたくさん掲載されていて美味しそうですよ♪

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。