スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Spaceboyでサンキューカード & 2012ハロウィンはMcQueenで!
2週間足らずの短い一時帰国から戻ってきました。
まだまだ時差ボケが治り切っていなくて日常生活にも戻れていませんが、帰国中にお世話になった地元の児童センターのスタッフの方たちへ送るサンキューカードを作りました。

真ん中の宇宙人は市販の3Dステッカーを使うことにしたので、PPやセンチメンツの色もこれに合わせてみました。
Thank youの文字は白でヒートエンボスしています。

そして、宇宙人を貼付けているグレーの紙、プレッシャーが足りなくてダイカットし損なったアルファベットの文字列です(^^;。背景に使えるかな?と置いてみると、意外としっくりきたので使うことにしました♪
CIMG4177.jpg

主な材料は、コチラ(↓)。
CIMG4176.jpg
・6"x6" PPパッド : "HELLO SPACEBOY" (Prima)
・クリアスタンプ : "Whimsy Greetings" (TPC Studio)


--------


さてさて、時差ボケのまま、今季初のTrick or Treatしてきました。
CIMG4185.jpg
オットの勤務先で行われる、毎年恒例のハロウィン・イベントです。(昨年の様子はコチラを → 『2011 Halloween直前の週末』)

可愛い着ぐるみを来て欲しい母の願いは聞き入れられず、近頃、ハマりにハマっているCARSの主役キャラMcQueenです。車にはなっていないので、正確にはMcqueenたちが描かれたつなぎを来た人だけど・・・(^^;。

Disney Storeで調達した、このコスチューム、McQueenとMeterの目が点滅します。
CIMG4188.jpg

来週はハロウィン本番、寒すぎなきゃいいんだけど〜。



Happy Anniversary! 
一時帰国直前だというのに、今日もクラフトデーの集まりに行ってきました。そして、この期に及んでのブログ更新(^^;。荷造りは・・・、洗濯は・・・???
ま、いっかぁ。

さて、今日は両親に渡すカードを作りました。これこそ、この期に及んで・・・ですけど。
私たちの帰国中に結婚記念日を迎える両親へのギフトに添える予定のカードです。
CIMG4118.jpg

マーサの”どこでもパンチ"でブランクカード 』で登場した、【Diamond Rings Pattern Punch All Over the Page】でメインを、下方をリボンとスタンプで飾ったシンプルなカードに仕上げました。

Happy Anniversaryのスタンプは「彼女に聞けば持ってないものはないんじゃないか?」というくらいクラフトアイテムを持っているMさんに借りたもの。助かりました〜♪
CIMG4119.jpg
スタンプインクはMEMENTOのLondon Fogを使用しています。

パンチの中心部にはフェイクパールシールの大きさの違うもの2種類を貼付け、スタンプの左横(リボン結びの下)のスペースにも並べてみました。
CIMG4121.jpg


同じパンチで以前作ったブランクカードがコチラ(↓)。

レイアウト、色、リボン・・・素材を変えると、雰囲気がガラリと変わります。
これもカード作りの楽しみです♪♪


さてさて、ブログ活動も復活したところですが、一時帰国の間、また少しお休みします。
戻ってきたら、また遊んでくださいね〜。
では。



マーサだらけのHalloweenカード、再び!
8月下旬に早々とハロウィンのカードに着手したものの、その後、例の如く放置。
が、思い立って二種類作りました〜。
CIMG4052.jpg

ハロウィンにカードを送る習慣もない我が家なので、作ったところでどこに行く?という感じなんだけど、昨日のクリスマスカードのパターンでハロウィンカードができそうなので、ちょちょっと作ってみることにしました。
そして出来た一つ目のカードがコチラ〜。
CIMG4053.jpg
ハロウィンっぽく、黒いカードです。

使ったパンチは今度も3種類。
CIMG4054.jpg
・Deep Edge Punch【Jack O Lanterns】
・Edger Punch【Threader】
・Craft Punch【1" Medium Circle】

1"のサークルパンチは、オレンジの紙を二度パンチして、三日月を作る時に使っています。
クリスマスカードの時にはオーナメントを貼付けた場所に、クモの巣のスタンプでも捺しておけばよかったのに、何もせずにドライエンボス(Cuttlebug【Spots and Dots Emboss Folder】)をしてしまって、ちょっと間抜けになった背景(^^;。急遽、三日月を貼ることにしました。
CIMG4057.jpg

下の部分はカボチャオバケをパンチしてランタンに灯がともっている様子を表す為に内側にオレンジの紙を貼りました。センチメントに使ったHappy Halloweenのスタンプもマーサ【Carnival Cling Rubber Stamp Set】から。
白でヒートエンボスしようかなぁ〜と思いつつも、簡単に白でスタンプのみ(^^;。
下端にはハロウィンっぽく、オレンジのリボンを通して完成。

同じ作り方の白クリスマスと黒ハロウィン、並べてみると好対照です♪
CIMG4056.jpg


二つ目のハロウィンカードは、大判の6"x6"。
といっても、これはサイズも色使いもほぼ見本と同じように作ったので、なんのオリジナリティもなしです(^^;。
CIMG4058.jpg

作り方はEK SuccessのMartha Stewart Craft内にあるProject Ideasのコチラに詳しく書かれています。
このクリアスタンプとパンチがセットになった【Pumpkin Stamp & Punch】を使って、あっという間に完成です。
CIMG4060.jpg

このパンチでなくても、パンプキンのスタンプやシール、直筆画(!)など代用可能だと思います。ハロウィン以外でもこのレイアウトは使い易いと思うので、カード作りに悩んだらレイアウトに当てはめても楽しそう!
色合わせを考えれば、クリスマスカードにはオーナメントを、バースデーカードにはカップケーキを・・・と、様々なシチュエーションに使えるこのレイアウト、リピ決定〜♪



試作中 ~ 2012 クリスマスカード
まだ9月だけど・・・家にある道具と材料で簡単にできるクリスマスカードを思いついて、試作してみました。
クリスマスのカードって、とにかく枚数が必要になるので、パンチはかなり使える相棒になります!
そんなパンチを多用した試作カードがコチラ。
CIMG4048.jpg
白いシンプルなカードです。(後ろのえんじ色も同じパターンの試作途中品(^^;)

使ったパンチは下の3種類。
CIMG4046.jpg
・Deep Edge Punch【Gifts】
・Medium Double Punch【Aspen Ornament】
・Edger Punch【Threader】

上の方から説明すると・・・
CIMG4051.jpg
グリッターペーパーをオーナメント・パンチで抜いたものをグルードッツを使って一部だけ貼付けました。カードベースに施したドライエンボス【Polka Dots】がいい感じに立体にさせてくれてるような・・・。
オーナメントを吊るしているのは銀糸・・・の予定が、手持ちの糸が上手くまとまらなかったのでグレーのジェルペンで線を引きました(^^;。

次に下の方。センチメントの横に上のオーナメント・パンチで一緒に抜けた雪の結晶を利用して、少し華やかに。
CIMG4050.jpg
センチメントのインクはオーナメント(雪の結晶)の色に合わせて、全体的に白xライムグリーンにまとめてみました。

さて、このカード、4.25"x4.25"の小さめなカードなんですが、カードベースとギフトの部分が実は一枚続きなんですよ〜。
カードベースの上に、パンチした別のカードストックを重ね張りすることもできるんですが、今回はこのパンチの特性を活かしてみました。
この写真で一目瞭然かな?
USレターサイズのカードストックを縦半分に切った4.25"x11"の紙を、横長に置き4.25"と8.5"のところにスコアを引いて、それぞれ山折、谷折りに折ってます。
CIMG4044.jpg
この状態で、ギフトパンチした部分とPolka Dotsでドライエンボスした部分を両面テープや糊で張り合せてもよかったんだけど、ここにスレッダー・パンチで2枚分を一度に開けた穴にリボンを通して固定しました。リボンのおかげでちょっと賑やかになったし一石二鳥です♪


カードの大きさやカードベースをはじめとしてそれぞれのパーツの色を変えるだけで、きっと雰囲気も変わるだろうし、なかなか使えそうなデザインかも〜〜!
パンチを変えればハロウィン用にも出来ますよね? あ、それもやってみよーーー。
では、次回の更新ではハロウィンカード再登場かな!?



スクラップペーパーで男性用バースデーカード
男性向けのバースデーカードを作りました。
CIMG4030.jpg

実はこのカードの背景になっている縞々の紙、これ、スクラップペーパーを張り合せたものなんです。
お気に入りの『KWernerDesing』で紹介されていたもので、このように端切れPP利用しているものと、マステを使って同じように作るものとがありますが、基本はどちらも一緒。ベースの紙に細長い柄紙を貼付けて大きな一枚に仕上げるというもの。

今回は『ドットでマスキュリンなバースデーカード 』でパンチでサークルをたくさん抜いた時の端切れ紙を使いました。Cricutでも利用していますが・・・。
CIMG4009.jpg

ここから細いストリップを切り出して、使いたい大きさに切ったベースの紙(これもスクラップペーパーでOK)に貼付けていきます。ベースの紙の方に最初に糊付けしておくと便利!
CIMG4011.jpg

全面に貼付けてから裏返すと、こうなります(↓)。
CIMG4013.jpg

このベースの端に出ている部分をカットすれば自作のPP(?)が出来上がりです。
CIMG4014.jpg


センチメンツは白い紙に白のエンボスパウダーをヒートエンボスしてから、グリーン系のスタンプインクをスタンプを捺すようにのせています。リボンも同系色で。
CIMG4025.jpg

エンベリッシュメントには誕生日の定番、風船をCricut【Stretch your Imagination】からサイズ違いでカットして飛ばしました。風船の柄も同じPPの端切れをカットしています。
CIMG4028.jpg


色や柄を組み合わせる作業が、パッチワークを彷彿とさせて楽しかったし、大量の虫食い状態の紙の整理のためにも、ベース部分だけでも色々作っておくと便利そう!


Triple Time Stampingで雪のカード
季節が飛び過ぎて我ながら笑えてしまうんだけど・・・Let it snowのカードを作りました。
雪よ降れ降れ、もっと降れ・・・って(^^;。
しかも、この文字、雪スタンプとは少しトーンの違う水色で捺したつもりが、雪と同化して文字が見え難くなったために、上から焦茶で重ね捺ししてます。こういう時に限ってクリアスタンプではなくてクリングスタンプを使っているので、微妙にずれてるし~。

クラフトデーでカード作りの大先輩に教えてもらったTriple Time Stampingのテクニック。
家に帰って、さっそく作ってみたくなったのはいいのだけれど、持ち合わせの中からこのテクニックが使えそうな道具を探したら、雪の結晶モチーフのカードになってしまったというワケです。

残暑厳しい日には涼しげでいいかも?

さて、このTriple Time Stamping、詳しい作り方は【Triple Time Stamping】で検索するとたくさん出てくるので、そちらにお任せするとして、簡単に説明すると、少しずつずらして重ねた3枚の紙(上の写真では白い紙のこと)、全てにかかるように大判のスタンプを捺した後、その3枚のそれぞれの間に別紙(水色の紙)を挟み込むことでスタンプの柄の連続が途切れて、しかし、ちょっとしたアクセントになる・・・というもの。ん~、あまりにも説目下手でスミマセン(^^;。

ちなみに、私が参考にしたのはコチラ(『Do stamping with Dawn』のTriple Time Stamping Video: Creative Elements and NEW Naturals Designer Buttons)。動画もあってわかり易いです!

ま、とにかく、そういうテクニックでカードを作ったんですが、本来は大判のスタンプを使うのだけれど、私は適当な大きさのものがなかったので、マーサの紙の周囲ぐるりに連続する模様をスタンプ出来るStamp Around the Pageの【Snowflake and Calligraphy Set】から雪の結晶を選びました。

本来は雪の結晶がつながっている模様なのが、水色の紙で連続性を遮られているのがお分かりいただけるでしょうか?
このように細かい模様だと、このテクニックの醍醐味(!)が伝わり難い気がします。上にリンクしたサイトなどを見ていただけると一目瞭然かと・・・。

あと、説明では2種類以上のスタンプとインクを使ってコントラストを出すようにしていたのだけれど、私はこの雪のスタンプだけにしました。これだけで、十分ゴチャゴチャしてますから(^^;。
ゴチャゴチャついでに(?)、Let it snowの文字スタンプの横に白地の余白が広く出たので、そこを埋めるかのごとくtwineを結んで、”しつこく”雪の結晶で少し飾っています。


先日のハロウィンカード(コレコレ)の時と同じように、終わってみれば、またもやマーサだらけになってます(^^;。文字スタンプはTPC Studioのクリングスタンプ【WinterWhites】から。





マーサ頼み、ハロウィンのミニカード(タグにもなるよ!)
我が家は来月中旬に秋の一時帰国予定で、アメリカに戻ってくるのはハロウィン直前。時差ボケや片付けで数日はグダグダになるのは目に見えているので、今のうちにできるだけのハロウィン準備をしておこうと、今週の友人宅でのクラフトデーには、パンチとスタンプを持ち込んでハロウィンのミニカード作りをしました。

メインの道具はマーサのハロウィン・パンチとスタンプ。

Trick or Treatのために家に置いておくキャンディー用ではなくて、ムスコのプレイグループでのハロウィン・パーティーで配るGoody Bagに付けるミニカードです。
幼児用なのでそれほど怖くもなく、誤飲・怪我の心配のないように紙だけで作った、道具頼みのかなりの手抜きカード。
サイズは2"x3"です。

オレンジと紫のカードストックを使って、メインモチーフはマーサのDeep Edge Punch【Jack O Lanterns】にして、下部のスペースにもマーサの【Skull And Crossbone】【Mice】【Scary Fence】や紙テープで少し飾りしました。
カードの内側はクモの巣とクモのスタンプを。クモの糸は白のジェルペンで描いています。

計8枚・・・こんな感じ~。微妙に組み合わせや色合わせが違う8枚になりました。

二つ折りのミニカードではあるけれど、Goody Bagに付ける時には左上にパンチで穴を開けるかどうかして、リボンを通してタグ風に使う予定です。




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。