スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本で調達したモノたち♪
約3週間の滞在を終えて、日本から帰ってきました~。
日本はもちろん楽しいんだけど、アメリカの家に戻るとちょっとホッとする・・・。

さて、滞在中に入手してきた日本のクラフトグッズや文房具を記録がてらご紹介。
ご紹介・・・と言っても、日本の百均や文房具屋さんで買ってきたものなので、日本からこのブログを見てくださっている方には、取り立てて珍しいものは全くないと思われますが(^^;。
ま、お付き合い下さいませ。

★ 一つ一つが安いし軽いので見つけたらついつい買ってしまったマステたち。数えてみたらmt(19本)を含めて34本ありました。


★ マステ(紙テ)もだけど、クラフトパンチや布テープも百均にあるんですね! 百円で買えるなんてカンドーです。


★ クリアスタンプもミニ・カッティングマットも百均でゲット!!


★ このスタンプは実家近くの文房具屋さんで出会った『こどものかお』さんのスタンプ。色々あって選びきれなかったので今回は取り敢えず、この4個だけ。
アメリカでは見かけない独特の雰囲気のスタンプ、可愛い~~♪


★ もう数年前になるのかな? 針の要らないホッチキス(ステープル)が話題になりましたよね。ふと目に留まったので買ってきました。たしか、似たような商品はアメリカにもあったはずなんですが、このシックな焦げ茶色が気に入ってます。
後ろには百均のスクラップブック。一時帰国中の思い出でもスクラップにしようかな。


マステを中心にカード作りやスクラップブッキングに使えそうなモノを細々と入手できてヤッホーッなのですが、その反面、日本在住の方がアメリカをはじめとする海外製品を高いお金を出してまで購入されているのに納得しました・・・。
私のお店選びや探し方が悪いのかもしれないけれど、ドーンと迫力のある(?)クラフトパンチやスタンプ、大容量のペーパーパッドなどってなかなか売っていないんですね。ちなみに、マーサ商品に至っては一つも出会わなかった・・・。MichaelsやJoannに気楽に行けるうちに、買いだめしちゃおー!と、決心しました。って、日本に永住帰国予定は今のところないんですが(^^;。
今回はリサーチ不足もあって行けなかったスクラップブック用品などを扱う専門店にも、次回帰国時には行ってみたいなぁ。
関西エリア(特に阪神間)で品揃え豊富なお店、おすすめのお店をご存知の方がいらっしゃったら、ご紹介いただけると嬉しいです!!



マスキングテープ@アメリカ
マスキングテープといえば、ペンキやコーキングを塗る時に塗らない部分にはみ出さないよう、カバーするためのテープ。もしくは、ラベル代わりにペンで文字を書いて貼付けておくモノ。そして仮止めに簡易梱包用。それが、マスキングテープと出会ってからの私の使い道の全てでした。
使っていたのはこんな無地のもの・・・カラーがあるだけオシャレ?


そのマスキングテープが”マステ”と呼ばれるほどメジャーになって久しいですが、ここアメリカでも工業用以外の類似品が手に入り易くなってきました。
本家本元【mt】のマステは種類こそ少ないものの、全米チェーンのThe Container Storeで二巻セットのスタイルがたしか$12~13ドルくらい(高い!!)で売られていますし、通販大手のamazon.comを通じて購入できるものも増えてきました。
また、マステと言うには微妙すぎるのですが、マーサの商品にも以前からPaper Tapeというジャンルがあったり、American Crafts、Cath Kidston、Cavallini & Co.、Tim Holtzなどからも名称や糊の強弱、紙の質こそ様々ですが、”ザックリと”紙製のテープというものは商品化されています。

そんな中、クラフトストアのMichaelsが自社ブランド『Recollections』からCrafting Tapeなるものの販売を始めたのがこの春頃。
使い心地は結構、日本のマステに近い感じで、柄によっては十分に透けて下地の色も分かるし、マステの醍醐味(?)貼って&剥がしてもOK。
まだまだデザインは少ないけれど、近場で安く買えるマステとして、思いのほか重宝しています。


(↑)こんな感じで3本パックになっていて$4.99。まぁ、私の場合は定価で買うことはまずないので、大体40%オフの$3.00で入手していますが・・・(^^;。
この3本セット、テーマ(一番太いテープの柄)に合わせてセットにしているようで、15mm / 10mm / 6mmの3サイズが入っています。
カップケーキ柄やハート柄、バッグやハイヒールのオシャレグッズ柄、矢印柄、文字入り、レース模様・・・などなど、私が知るかぎり10~15セットあるのではないでしょうか。

しかし、見比べると一目瞭然・・・mtと較べて巻きが短いのが難点です。

mtだと一巻が15mあるのに対して、これは9.1m。ガンガン使っているせいでもあるんですが、結構、無くなるのが早い気がします。
ちなみに、SMASH*のBlack Dots SMASH Tapeは約20mと長さではmtに勝利!! 幅は15mmと同じです。


私はマステ=ちょっと可愛い仮止め用テープ、文字を書いてラベル代わりに!程度の認識で使っていたので、まだカード作りにマステを使ったことはないのだけれど、先日作った赤い鳥のブランクカード用に作った封筒の表にペターッと貼ってみました。

貼り方といい、鳥つながりでこのマステを選ぶことといい・・・ヒネリがなさ過ぎ!?
カードへのマステの利用法、研究中です!



コーナーパンチ、いろいろ。
~今日は作ったものの記録ではなくて、道具の記録です~

カード作りやスクラップブッキングをする人にはお馴染みの、コーナーパンチ。
出かけたついでに、少し離れた街にあるMichaelsに立ち寄ったら、欲しかったコーナーパンチに遭遇しました。同じチェーンのお店でもそれぞれに在庫に違いがあるので、少し遠くても出向く価値有りです!!
しかも、激安$2.99(+tax)で手に入れたので、今日のブログテーマは『コーナーパンチ』です。なんて単純な・・・(^^;。

コーナーパンチと一口に言っても用途は様々。

これ(↑)なんかは、お飾り専用です。左は型抜きとエンボスが別々にできるパンチ、右は一つのパンチに3種類のデザインが納まっているお得なパンチ。
写真左 : 【Fiskers】 Combo Corner Punch - Ivy
写真右 : 【Fiskers】 3-in-1 Corner Punch - Lace


こちら(↑)は見ての通り、フォトコーナー作り専用のパンチ。写真や台紙の雰囲気に合わせて好きな紙でフォトコーナーを作れるので便利。
【Martha Stewart Crafts】 Photo Corner Embossing Punch

そして、カード作りやアルバム作りで私がよく使うコーナーパンチたちでパンチしたサンプルがこちら(↓)。
分かり易いように、スゴイ色使いですが・・・(^^;。



写真左 : 【Marvy Uchida】 Corner Punch - Rounded
写真右 : 【Fiskers】 Photo Corner Punch - Round
左のMarvyのものは、コーナーを丸めるだけのシンプルなパンチだけど私が持っているパンチの中で一番出番が多いんじゃないかな? カードも写真も角を丸めるだけで随分印象が変わるんですよね。


写真左 : 【EK Tools】 Paper Shaper CardCreator Corner - Venetian
写真右 : 【EK Tools】 Paper Shaper CardCreator Corner - Interlaced
この二つも写真を挟み込めるので便利です。
ちなみに、今日、入手したのは左側のVenetianのパンチ。ちょっとエレガントでステキ♪♪

今までInterlacedのパンチは写真のマットにする紙だけに使っていたんだけど、説明書にカードで使えるテクニックが紹介されていました。


なるほど~! これは使えるわざですね。っていうか、Interlacedを買った時にもこの説明書が入っていたはずだし、透明ガイドが付いている時点で用途が分かりそうなものなのに・・・今日、初めて知りました(^^;。
取り説はちゃんと読みなさい!・・・私。



一瞬でスゴ技! = Double Embossing Punch =
息子にアンパンマンのビデオや絵本を譲ってくださった知人にお礼のカードと一緒に、小さなギフトを用意しました。
Thank youカードは例の如く・・・『リボンとモチーフ3つ並び』。

テディベア好きな彼女には胸元に小さなパール風シールを貼ってちょっとおめかししたクマさんのモチーフです。

このクマは、こちら(↓)のマーサの【Teddy Bear Medium Double Embossing Punch】で型抜きしたもの。

グリッターペーパーを使ったので全く認識できませんが、このクマさん、お腹や口の周り、手足がエンボス加工されているんですよ。普通のパンチの時よりも強めに「ガシッ」とパンチすると、カットと同時に凹凸がついてエンボス加工できる仕組みです。ちょっとふっくらして、ますます可愛いクマさんです。

そして、同じパンチを使って小さなギフトタグも作りました。

茶色いカードストックに茶色で抜いたクマさんを貼付けているように見えますよね? (あ、グリッターペーパーでは見えなかったエンボスも微妙に見えてますね!)
もう少し、近づいてみましょう!

あれれ? 台紙との間に隙間が見えますね~。
台紙から完全には離れていなくて、一部だけがくっ付いた状態で浮き上がってます。
これがこのパンチの醍醐味!?
上のカードのように普通にパンチで型抜きもできるんですが、チカラの入れ具合によってポップアップ&ドライエンボスのダブル技が一瞬でできるパンチでもあるんです。
ダブル・エンボッシング・パンチでパンチしただけでこの仕上がり・・・って、素晴らしい!!

実は私、この種のクラフトパンチをいくつか持っているんですが、いつもダイカットだけで満足していたので、実際にポップアップ&エンボスとして利用するのは初めてでした。
今更ながら、色々使えそ~~っ!

ちなみに、フロリダへミッキーに会いに行ってきたばかりの彼女へのギフトはミッキー型(ミニーにも可?)クラフトパンチ。

こちらはポップアップもエンボスもできないダイカット専門です(^^;。




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。