スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんとか.....続いてます
アメリカ暮らし(=専業主婦生活)を始めてから、トールペイント → クロス・ステッチ → シャドウ・ボックス → ペーパークラフト(カード作りやラバー・スタンプを含む) → パッチワーク・キルトと、なんともアメリカンな手作りものを色々とカジッテきたわけですが、どれもある程度基本の部分を終了した時点で興味が失せ、だいたい半年?1年で道具類はクローゼットへ仕舞われ・・・(^^;;。
そして石けん作りも???

いやぁ?、飽きっぽい私にしてはかなり珍しいほどに続いているんですよ。廃油石けん作りから始めて5年くらいかな。
ま、ホリデーギフト用をダーッと短期間に何種類も作る以外は、ほぼ月一ペースなんですがね。
「ブログへの石けんネタも今年に入ってゼロ。ついに石けん作りにも飽きてきたか・・・私!」と、自ら不安になってましたが、冬の間に細々と下の2種類を作ってました。
#60, #61
左はE.V.O.O(Rachel Ray風に....エキストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル)をメインに使ったもので、右は紅花油メイン。

何度作ってもレシピを考えるのは楽しいし、出来上がりをカットするのもワクワクするし、そして毎日のお風呂で柔らかいアワアワを見るのも嬉しい。
石けん作りはなんとか続けていけそうな趣味になってるみたい?!
買い揃えた道具が段ボールに入れられ、クローゼットの奥深くに隠されることになりませんように。
さて、そろそろ夏用に洗い上がりサッパリのクレイ石けんや竹炭石けんを仕込まなきゃ(^^)。

Clay Soap
DC旅メモは本日お休みして、旅行前に作っておいた石けん2種類のエントリーを。

クリスマスギフト用と称して(普段の石けん作りと何ら違いはないのだけれど?)、10月頃からコツコツと作り貯めて来た石けんもこれで一段落。
最後を飾るのは・・・クレイ石けん。
#58, #59
手前がフレンチ・グリーン入り、奥がガスール入り。
このナチュラルな色合いがなんともいい感じじゃないですか??(←自画自賛(^^;;)

#55, #56 and #57
いつの間にやら11月も後半に入ってしまいました。
近所のショッピングセンターにもクリスマスツリーがお目見えし、感謝祭を待たずにクリスマス商戦にも突入の気配。
皆さんも年賀状やお歳暮の手配、プレゼント選びなど着々と進んでいらっしゃいますか?

私もいよいよ、プレゼント用石けんの仕上げ時期。
ラッピングしてラベルを付けて、12月に入ったらカードも書いてすぐにでも送れるように
と、考えていましたよ、たしかに・・・。
しかし! やっぱり予定を大幅に遅れて、今頃になってやっと仕込んでます。
#55, #56 and #57
#55 : Rosehips
#56 : Chamomile Honey
#57 : Red Wine Soap Ver.2

仕込みが遅くなってしまった分、ローズヒップもカモミールも2ヶ月以上オリーブオイルに漬け込んでエキスがしっかり抽出されてるはず!
怪我の功名???

これからまだ2?3種類仕込む計画なのだけれど、乾燥&熟成期間を考えると確実にクリスマスには間に合いそうにありません。
ここで早々とギブアップ宣言!!
行動に移すのは遅いのに、諦めるのは早いんです・・・私(^^;;。
チェリー印の石けんを待っていてくださる(強引に引き取らされる?)方々なら、この辺のことを既にご理解いただけていると思うのですが。
どうか気長に待っていてくださいね。
愛情だけはたっぷり込めていますから♪(←こんなん、要りませんって?)


--


メール送受信、復旧しました!

#52 Pink Marble / #53 Lavender Soap
Ultramarines先日、お会いした石けん友達のKさんからUltramarine(ウルトラマリン)のお裾分けをいただきました。
この粉、大地に含まれる鉱物などからなるもので手作り石けんや化粧品などの色づけに使われる安全性の高い顔料。
これでいつも地味な私の石けんも少しはカラフルに可愛くできるかな??


#50 Kitchen Soap / #51 Calendula Soap
いよいよ石けん作りに最適な涼しい季節がやってきました♪
クリスマスのプレゼント用石けんを仕込み始めるのももうじき。
10月、11月はにわかに家庭内に石けん工房がお目見えします(なのでブログにも石けんネタが増えるかと・・・(^^;;)。
その手始めに先週作った石けんが下の2種類。

キッチンソープなど

実は最近、同じインディアナ在住の新しい石けん友達ができて彼女から多大な刺激を受けている日々。
作った石けんの写真を見せてもらったり、お店情報を交換したりしているとムクムクとやる気も起きてきて私にしては珍しく、一日に2種類も仕込んじゃいました!

今回の2種類は私の定番中の定番。奥は乾燥カレンデュラ(ポットマリーゴールド)を1ヶ月ほど漬け込んでエキスを抽出したオリーブオイルを使うもの。
手前はコーヒーの粉を加え、レモンのエッセンシャルオイルを効かせた台所用。
どちらも地味な色合いで華やかさはないけれど、良い仕事をしてくれる優秀な石けんです♪


#49 Savon de Marseille
先週からTVジャパンで8日間放送されていたNHKの『世界遺産 フランス縦断の旅』(日本では7月に放送されたものですが、9月に総集編放送あり!)をご覧になられた方も多いのではないでしょうか?
最終日、南仏マルセイユの地酒Pastisのお店の次に紹介された、石けん屋さんの様子は覚えていらっしゃいますか??

その番組を見て突然思い立ち、早速マルセイユ石けん(Savon de Marseille)を作りました。
ま、本番マルセイユの石けん工房で作られるように材料を10日間煮込んで・・・などという手の込んだことは出来ないのだけれど、材料だけは上質でSavon de Marseilleっぽく(^^)。
Savon de Marseille
この写真は型から出したままの塊(約960g)。使う時にはこれを適当なサイズにカットします。

マルセイユ石けんとは?
名前の通りフランスの港町マルセイユ発祥の石けんで古くは10世紀頃から作られていたものなのですが、1688年、ルイ14世の王令により石鹸素地中の油成分に最低でも72%の植物性オイルを使用し、しかもその大部分をオリーブオイルとするという厳しい基準がもうけられ、それと同時に『マルセイユ石けん』(Savon de Marseille)の名前で呼ばれるようになりました。


シンプル極まりないけれど、これ以上の贅沢もない『マルセイユ石けん』。
オリーブオイルの保湿効果が素晴らしくよく、洗い上がりもしっとりするのがこの石鹸の特徴の一つ。
4週間の乾燥・熟成後はマルセイユを思い浮かべながら(って、行ったことないけど(^^;;)、バスタイムが楽しめます♪♪


#46 Red Wine Soap
アメリカ在住日本人の方のブログでも頻繁に登場するグロッサリーストアTrader Joe's
このお店で2.99ドル(約300円)で売られているワイン(750ml)も値段の割には結構イケル!という話をチラホラと聞きます。
下戸夫婦の我が家には食事にワインなんて洒落たことは皆無なのだけれど、ちょうど料理用のワインも切らしていたので赤と白を買ってみました。

さて、早速赤ワインを開けて・・・作ったのがこれ(↓)。
#46
食べられないけどね・・・赤ワイン石けんです♪

赤ワインをそのまま入れることはNGなので、乾燥ハーブ(今回はカモミールとローズマリー)を加えて火にかけ、アルコール分を飛ばしてから冷ました『ハーブエキス入りワイン液』を使用。

赤ワインってポリフェノールたっぷりは周知の事実。
飲んでいいんなら石けんにもいいはず?!
その辺は確かじゃないけど、ポリフェノールの抗酸化作用でシミ、シワ、たるみ、乾燥、そして美白に効けば嬉しいなぁ・・・という期待を込めて。
その上、カモミールとローズマリーの効能もプラスされれば恐いモノなし??

以前にも赤ワイン、白ワインの石けんは作ったことがあるのだけれど、今回は特に解禁日(7/18)が待ち遠しい。
2.99ドルの激安ワインが『ポリフェノールたっぷりの贅沢石けん』に変身する(はず!)なんて♪♪

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。